西邑由記子 作曲家のまいにち〜Composer's Daily Life〜
さすがに古い
私の愛用しているコンピュータが
ここ最近絶不調。
おそらくもう寿命だと思われる。
そりゃそうでしょ
発売から6年以上たっているんだから。
先日アップルのサポートに電話したら
「壊れても、型が古いのでもう修理はできません」
と言われた。
そうなのか・・((+_+))

仕事で使うものだから
さっさと買い換えれば良いのだが・・・
安い買い物ではないのでね((+_+))。

先日、OSを入れ直し
なんとか持ち直してはいるものの
起動時に一瞬ブラックアウトするあたり
相当にヤバい状態の様子。

私の仕事は
これがないと話にならないので
食べるものに困っても
Macは買わねばなりませんがね(^_^;)。
これを機にノートパソコンにするか
今まで通りiMacにするか
ってとこで悩み中。
やっぱり楽譜作成をするなら
ディスプレイの大きさは確保したい。
ということは
従来通りiMacかな〜。
あぁ悩ましい。

<今日のオマケ>
実家のお節
お節2017
お節2017
| diary | 21:27 | comments(0) | - |
Hello 2017!
あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします


連日
お正月らしいお天気に恵まれている。
元日に八坂神社と高台寺へ
2日には車折神社内の芸能神社に参拝した。
お参りするときは
氏名、住所、生年月日を
神様にしっかり伝えた方が良いそうだ。
片手に五円玉を握りしめ
大きく鈴を鳴らして
願い事を唱えた。

これからの自分が自分らしく生きるために
昨年までの自分があったのだと思う。
新生「西邑由記子」という
新しい気持ちで2017年を迎えた。
今年のキーワードは『動く』。
動いて動いて動きまくりたい!
自分がフォーカスしている先へ向いていけば
結果は必ずついてくるはずだ。
そう信じて前進あるのみ。
「いつまでも夢を追いかけてたらあかん」
なんていう声も聞こえてくるけれど
夢を追いかけなかったら
音楽をやっている意味は私にはない。
それこそ生きている意味がない。
私の才能を信じていてくれないと
人間関係も良い方向へは向いていかない。

今ここで辞めるわけには行かない。
人生は一度きり。
誰に褒められたいわけでもない。
自分が納得行く人生にしたい。
ただそれだけ。

好きなこと
できること
夢中になれることがあるって
素晴らしいこと!
生きている意味があるってもんだ!

電光石火の速さで
飛ぶように過ぎていく時間。
時間に追われるのではなく
時間を追いかける気持ちで
この1年も活動していきたい。
それが今年の抱負・・・かな(^^ゞ


元旦の八坂神社
八坂神社
八坂神社

高台寺
高台寺
| diary | 23:07 | comments(0) | - |
あぁ師走
うっかりしてたら12月
というか
2016年も終わりに近づいている(^_^;)。
11月も時間に追われ
そこからはみ出てしまったものに
12月前半は追われていた。
2つのアレンジのうち
1つは仕上げて
そのまま前日にバタバタとパッキングし
シカゴへ旅立った。


11月はアレンジもの2曲を仕上げた。
1曲は、弦楽オーケストラのための
シュトラウスのポルカ集。
*雷鳴と電光
*アンネン・ポルカ
*トリッチ・トラッチ・ポルカ
の3曲。
あらためて
無駄のない音楽の潔さに
どこをどう触ろうか
と悩んだ仕事。
結局、根本は変えず
弦のみでやるおもしろさ
みたいなものにこだわった。

もう1曲は
とても偏った管楽器編成のための
『カルメン組曲』
フルート、オーボエ、バスーン、トランペット。
これに鳴り物少々。
カルメンには欠かせないタンバリンとトライアングル。
それにほんの少しのシンバル。
低音を受け持つ楽器がバスーンしかない
という悪条件。
これも要望だから仕方がない。
バスーンが出ずっぱりになってしまったが
ちゃんとメロディを担当するところも盛り込んだ。
ずーっとベースラインじゃ可哀想なので(T_T)。
(余計なお世話かもしれないけど・・・)

そして今月は
サックスカルテットにピアノという
これもあまり見ない編成のためのアレンジをやっている。
1曲は「剣の舞」。
改めてスコアを見てみると
なかなかいい曲。
そして
数ある管楽アンサンブルの中でも
このサックスカルテットに
とても合っていると感じた。

今やっているもう1曲は
グリエールという作曲家のバレエ音楽『赤いけし』
の中の1曲「中国人女性の踊り」。
フランス人から見た中国。。。なのかしら。
もうちょっとゴテっと中国風味にしてみようと思う。
その理由は
このアレンジを依頼してくれたのが
香港に住む大学生たちだから。
きっと喜んでくれると思う(^_^.)。


2年ぶりのシカゴへの旅は
やっと自分を取り戻せた良い時間だった。
この旅の模様は
年が明けたらゆっくりと記事にしようと思う。
Chicago



私にとって2016年は
自分の力ではどうにもできない
不本意な力に苛まれた時間が多かったように思います。
そういう精神的な苦痛が
音楽制作に大きく影響してしまう部分も多く
精神をコントロールすることに
時間を使いすぎてしまった感があります。
そういう意味で
今年はたくさんの反省点を残すことになりました。

来年、2017年は
自分の触覚を信じながら
行きたい場所へ行けるように
なりたい自分になれるように
今まで以上にアンテナを張り巡らせて
自由に音楽を作っていこうと思っています。

いつもこの、更新の少ない
そして、拙い文章で書き綴っている
私のウェブログにご訪問いただき
誠にありがとうございます。
これからも
自分の成長とともに
日々の生活を更新して行きます。
またどうぞ
遊びにいらしてくださいねっ(*^_^*)。

Wishing you all the best!!!
| diary | 02:45 | comments(0) | - |
本日@京都文化博物館
今夜は通崎さんの『今、蘇る!木琴デイズ』の第6弾。
今回は木琴とマンドリンのコラボレーションです。
私はあの名曲「宵待草」をこの2つの楽器のために
編曲しました。そのほかのプログラムでは
ギターとチェロも加わり、様々な音楽が楽しめます。
昼の部はオールソールドアウトですが
夜は少しだけ余裕があるそうです。
京都文化博物館のレトロな雰囲気の中で
タイムスリップしたような気分になれる音楽会です。
ご興味ある方はぜひお越しくださいねっ!
お待ちしております。

| diary | 11:38 | comments(0) | - |
たてこもって時間に追われる
11月 November。
最後にRのつく月は
牡蠣が美味しいんだっけな。
あぁ〜生牡蠣が食べたい。
生牡蠣とスパークリングで
幸せ気分に浸りたい
という妄想ばかりの毎日。。。

ある人に
西邑さんのは
引きこもりではなく
立てこもりですね。
と言われて以来
仕事に追われている時は
「今、立てこもリ中です」
と言うようにしている。
だって現実から逃げてるんじゃなくて
現実と闘ってるんだから。

さて
毎年10月末は
カールフィッシャーの毎年一度きりの締切があり
任意の数の作品を書くため
時間に追われる。
今年は
スロースタートでスローペース。
なかなか自分を追い込むことができなかった。
自分を取り巻く環境や
精神的なもののせいにはしたくないが
大いに関係してくる。
当初、5曲は書こうと思っていたが
完成したのは3曲。
この状況でよくがんばった!
と自分を褒めたい気持ちでいっぱいだが
あと2曲は書きたかった。
書くべきだった。
いつも
自分に負けたくない
と思ってやっているのに
今年は負けに負けている。
悔しい。
早く自分のペースを取り戻したい。

さて
11月はアレンジものが4曲。
どれも五線5段以上。
私、やれるのか?
やるしかないでしょ
あなたの仕事でしょ
と、もう一人の自分が活を入れている。

<今日のオマケ>
冷凍庫にずーーっと入っていた全粒粉。
先日、ハチミツとココナッツオイルと全粒粉だけで
クッキーを作ってみた。
うちにはオーブンがないので
魚焼きグリルで。
仕上がり・・・何を間違ったのか硬い、硬すぎ。
出っ歯になるかと思った(^_^;)。
でも味は美味しかった。

そしてリベンジ。
いつも白米に混ぜている雑穀米と
全粒粉とハチミツ、グレープシードオイルで
ケーキっぽいやつ。
ティファールのホームベーカリーの
ケーキボタンで焼いてみた。
見た目はいい感じ。
オイルをケチったら、パンのような感じに。
ま、味は美味しいよ(^_^.)
自作ケーキ

<今日の空>
日の入りがだいぶ南の方に移動。
筆で描いた羽根のような雲。綺麗ね。
今の季節、夕方からが本当に気持ちいい。
肌寒いけど、バルコニーで飲むコーヒーがまた美味しい。
空

| diary | 20:10 | comments(0) | - |
勝ちたい
近年つくづく
「集中する」ということが
実は大変なことなんだ
ということに気づかされている。
大人になればなるほど
自分の集中を邪魔するものが増えていく。
自分の意思に逆らって
気にしなくてもいいのに気にしてしまうことが増えていく。
もちろん幸せも増えていっているとは思うが
たくさんのことを知ってしまったり
あらゆることが身に降り掛かったりで
たまに自分を見失いそうになることがある。
まだ見失ってはいない。
未だかつて見失ったことはない。
これからもないつもりではある。

先日、ネット上で試してみた自分の名前占いで
こんなのが出た。
『自分に打ち勝つことが
最も偉大な勝利である』
もうね、これしかないわけよ。
今までずっとこれだけを自分に言い聞かせてきた。
だから
この言葉がMacの画面上に現れた時は
・・・むせた・・。
正直びっくりした。
そして
今の私が
今本当に言ってほしいことは
これなんだ、と。
こういうネット上の占いサイトには
怪しいものも結構あるので
めったに行かないのだが
友達の占い結果を見ていたら
衝動を抑えられずポチッと(^_^;)。

今現在
一年で一番大変な締め切りシーズン真っ只中。
毎日がまさに自分との闘い。
自分だけの限られた時間と
目の前に立ちはだかる
というか
頭のなかにある膨大な音符の量と
闘っている。
誰にも見えないところで闘うということには
慣れてはいるが
完成したものだけでしか評価されない世界にいて
たまにフェアじゃないな
と思うこともあるけれど
自分がこれでいい
と思ったものしか出していないのだから
それはそれでいいし
そんな立ち位置が
心地よいと思っている。

しかし
締め切りが10月末というのはいいもんだ。
季節感がいい。
一番思考が冴えているシーズンでもある。
そして夕方の西の空がきれい(*^_^*)。
この空がどれだけ励みになっていることか!
空
空
空
空
空
どうやらここは飛行機の通り道らしい


<今日のオマケ>
いいものを見つけた。
洗顔料のきめ細かなもこもこ泡が
あっちゅう間に作れる(^_^;)
@ダイソー 108円也。
女性も男性も、買うべし!
ダイソー

<今日のつぶやき>
今日の午後の地震。
けっこう揺れましたな・・・
| diary | 19:12 | comments(0) | - |
曇りの相国寺
あれはいつだったか
あまりお天気ではなかった日に
ものすごく久しぶりに相国寺へ行ってみた。
目的は『承天閣美術館』。
若冲やってました。←特に感想もなく・・(^_^;)
伊藤若冲展は12月4日まで。

相国寺、広い。
これは正面の門ではなく西側の出入り口。
松の木が印象的だった。






美術館内からの小さなお庭。
緑が目にやさしい。


美術館の2階に展示されていた金閣寺。
1/100だっけな・・・
1/120だったっけな・・・


↑最上階どアップ(^_^;)



<今日のオマケ>
こう見えて(どう見えて?)
料理ずき♪
外から帰ってきて
すんごくお腹が空いていても
作りたい衝動が抑えられないと
作る。

無性にトマトソースが食べたくて
無心に作ったある日と
無性にカレーが食べたくて
カレー粉と激辛一味で作った黄色いカレー。
そして
無性にチヂミが食べたかった日。
。。。旨いやん(^_^.)


| diary | 22:27 | comments(0) | - |
暑いけど10月
全くうっかりしていたわけじゃなかったのに
9月が行ってしまった!
ホント早かった(^_^;)。
もうちょっと待ってほしいよねぇ・・・

来る11月16日に初演されるアレンジ作品は
木琴とマンドリンのための『宵待草』。
日本の歌曲というものは
こういうふうに編曲仕事があった時に
あらためてちゃんと聴く
ということが多い。
詩の内容を理解したのも
今回が最初かもしれない。
お恥ずかしことですが
そんなものです、はい(^_^;)。

マンドリンという楽器については
小さい頃から
自宅のアップライトピアノの上に
ずっと飾られていたので
存在は知ってはいたけれど
音を鳴らしてくれる人がいなかったので
当時は楽器がどんなものなのか知るよしもなかった。
日本ではマンドリンがとてもポピュラーなものである
ぐらいの認識だった。
今回、いろいろな音源を聴いてみて
割とどんな音楽にも順応しやすい楽器なのだ
ということがわかった。
ギターの伴奏でメロディラインを演奏する
という形が
一番自然でヨーロッパっぽい気もするが
今回は木琴とのデュオ。

通崎睦美さんが年に2回開催している
『今、蘇る!木琴デイズ』の第6弾は
マンドリンとの共演。
郷愁のトレモロ、という副題が付いている。
そんな郷愁感満載の選曲で
私のところには「宵待草」のアレンジの依頼がやってきた。
ワタシ的には、詩は度外視で・・・(^_^;)
メロディラインの持つ滑らかの放物線を
フランスっぽいフレイバーとともにお聴かせしたい
という思いで取り組んだ。
さぁて、通崎さんの演奏と解釈で
どこまで私の思い通りになりますか!
乞うご期待(^O^)。

音楽会は来る11月16日(水)@京都文化博物館
昼の部、夜の部ともにお待ちしております。
(フライヤデザインは谷本天志さん↓)



『今、蘇る!木琴デイズvol.6 〜郷愁のトレモロ〜』
2016年11月16日(水)2:00PM開演(1:30PM開場)
          7:00PM開演(6:30PM開場)

会場:京都文化博物館 別館ホール
料金:前売¥3,500 当日¥4,000、学生=前売¥1,500 当日¥2,000
    (全自由席/消費税込) ※学生券は30枚限定

チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:300-387]
ローソンチケット 0570-00-0407/0570-08-4005 [Lコード:58305]
CNプレイガイド 0570-08-9990
イープラス http://eplus.jp/otonowa/
眦膕圧都店7Fチケットショップ 075-221-8811(代表) ※店頭販売のみ
大丸京都店7F商品券売場 075-211-8111(代表) ※店頭販売のみ
otonowa 075-252-8255 ※電話予約のみ
未就学児童入場不可

企画:通崎睦美
お問合せ:otonowa 075-252-8255
| diary | 14:35 | comments(0) | - |
Ancient Flower@Amazon 再UP
8月8日に書いた記事
UPし直します。
せっかく素敵に書いてくださった
後藤洋さんの楽曲解説へのリンクが貼れていなかったので。
この記事の冒頭のリンクから飛んでくださいね(^_^.)。
よろしくお願いいたします!

音源とスコアはこちら↓
| diary | 01:39 | comments(0) | - |
September♪
Septemberと言えばこの曲かしら。
でもこれ
12月の歌なんだけどね〜。
ラジオなんかでも
9月になるとこれがよくかかるから
やっぱり今聴きたい感じかしら(^_^;)


Earth Wind & Fireの名曲、もう一つ。
『After the love is gone』
モーリス・ホワイトの声が
本当に心地良い。
コーラスの美しさも聞き逃せない!

うわぁ、水玉のノースリーブシャツが
似合ってるわぁ(^_^;)。
私が普通に着たいゎ。


9月は今や、まだまだ夏。
9月の長雨・・・・
なんていう風情もなくなってしまった。
10月になっても台風がくるような気候に
戸惑いを隠せない。
そうやって
大好きな秋が
どんどん短くなってゆく。
寂しいな〜。

そして
9月の思い出と言えば藝祭。
だいたい毎年9月の終わりごろで
全日程雨(どしゃぶり含む)
なんてこともあった。
とにかく
飲んで踊って
踊って飲んで
飲み足りなくて
上野仲町通りに繰り出す(^_^;)。
みんなではっちゃけたな〜
壊れたな〜、と
遠い目になってしまう。
ほんと、いい想い出(^_^.)
あら、今年は明日から3日間なのね↓
藝祭2016

1年の時に作った神輿用の法被。
普通に懐かしいなぁってもんじゃない。
写真があるから思い出せる、というレベル(^_^;)。
もうそんな感じ。
はっぴ
はっぴ


<今日のつぶやき>
心配ばかりしていると
その通りになってしまう
ということを
つい最近
切に学んだ。

それから
自分の心配を人に押し付けるもんじゃない。
そういうのは
移ってしまうから。
当人ががんばって前を向いているのに
水さすわぁ〜。

だから
心配なんてせず
前へ前へ。
心配してる時間が
もったいないってもんだ!
人生は一度しかないんだぞ!

<今日の言葉>←It's new (^_^;)
最近、よく訪れるサイトには
胸に響く言葉がたくさん綴られている。
今日はこれ↓
『過去を嘆かないで
それは過ぎ去ってしまったものだから。
未来を心配しないで
それはまだ来ていないのだから。
今を生き、楽しんでください』

『この先何が起こるか心配するのをやめた瞬間
今起こっていることを楽しみ始めることでしょう』

はい!
って感じ(^_^.)
| diary | 17:44 | comments(0) | - |
CALENDER
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

PROFILE ゆきこ
西邑由記子 (にしむらゆきこ)
作曲家&ピアノ弾き

かっこいい曲が書きたい。
耳に残る音楽を創りたい。
だからまいにち
いろんなものに興味を示しながら
シゲキを求めて生活している。
京都在住。
メールはこちらへ↓
info@yukikonishimura.com

Visit My Website!
ユキコバナー

Mylinks_facebook




INFORMATION
カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品2016年最新作!!
Autumn Waltznew


Water Reflectionsnew


Petite Suite:"Beautiful Flowers"new



カール・フィッシャー
バンド作品2016年最新作!!
Merry Go Roundnew



***********************

C.アラン 室内楽作品
Hightide Yuletide
C.Alan

Myriads of stars
C.Alan

The sky is the limit
C.Alan


***********************
カール・フィッシャー
バンド作品
Sailing!


Ancient Flower


カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品
Primula ~Joy to the Spring~Carl Fischer

Angel's StepsCarl Fischer

Cherry TreeCarl Fischer

BluebellBluebell

RaindropsRaindrops

Swinging DoorSwinging Door

Ancient Flower


Blue Water
Blue Water
Winter Milky Way
Winter Milky Way

Orange Moon
orange moon

Prelude to "An Old Tale"
Old Tale

Rainy Days
Rainy Days

Snowflake
弦オケ

Sailing!
弦オケ

カール・フィッシャー
から発売中!!

***********************
小編成バンドのための最新作
Key West Pink!
ブレーンからレンタル譜発売中!!
収録CDはコチラ
ブレーン
***********************
小編成バンドのためのアレンジ作品
ガーシュイン作曲
3つのプレリュード
ブレーンからレンタル譜発売中!!
***********************
4台マリンバのための
"foot・prints" フットプリンツ
ブレーンから楽譜発売中!!
***********************
"The BackRoom"
初演音源発売中
ブレーンオンラインショップ
***********************
バンド作品
"The BackRoom" 楽譜発売中!
詳しくはミュージックエイトまで!
***********************
インタビュー記事
京都新聞2006年8月13日付
五感のチカラ

***********************

MY WORKS
西邑作品収録アルバムを紹介!

***********************

***********************

JWECC 2007「翡翠」
JWECC 2007「翡翠」 (JUGEMレビュー »)
(オムニバス),おかやま山陽高等学校,仲田守,古庄孝行,山崎毅,楊鴻泰,福岡第一高等学校,観音寺第一高等学校
"The BackRoom"収録
***********************

21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集-
21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集- (JUGEMレビュー »)
川越奏和奏友会吹奏楽団, グラールウインドオーケストラ, 埼玉県立与野高校吹奏楽部, ヤマハ吹奏楽団浜松, 神奈川大学吹奏楽部
「星の船」収録
←楽譜
***********************

行列幻想
行列幻想 (JUGEMレビュー »)
兼田敏, 真島俊夫, 鈴木英史, 池上敏, 西邑由記子, 團伊玖磨, 時松敏康, 伊藤康英, 金洪才, 東京佼成ウィンドo.
"Bright Moon"収録
EB←楽譜
***********************

恋衣
恋衣 (JUGEMレビュー »)
チェン・ミン
「ガーネット・スター」
「現実の向こう側」収録
***********************

冬牡丹       (CCCD)
冬牡丹 (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, RIKKI, フェビアン・レザ・パネ, 三沢またろう, 堀沢真己, 中西俊博
"My Sky Green"収録
***********************

花様芳華
花様芳華 (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, 大島ミチル, フェビアン・レザ・パネ, 京田誠一
"Purple Sundown"収録
***********************

***********************

CATEGORIES
ARCHIVES

ブログ JUGEM Some Rights Reserved.>
↑TOP