diary | 西邑由記子 作曲家のまいにち〜Composer's Daily Life〜

あっという間の105分
きのう友人に
すごく良かったので観てください!
と言われたミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』。
いろんなところで
この映画の反響を耳にしていたので
気にはなっていた。

今日の朝、ふと・・
「あら、今日は水曜日!レディースデー!」
ということで観に行ってきた。

正直言うと
私はミュージカルが苦手。
ニューヨークのブロードウェイのものも
観てたら恥ずかしくなってくるものが多く(←すみません
敬遠している。
しかしその中でも
美女と野獣(さすがディズニー!)は感動したし
映画だと
サウンド・オブ・ミュージックは大好き。
やはりこの好き嫌いは
音楽の好き嫌いなのだと思う。
そういうわけで
いわゆるヒット作品と言われている
オペラ座の怪人やライオンキング、ウィキッドなどは
まだ観たことがない。
今後も・・観ないだろうなと思う。←食わず嫌いなんだろうか

グレイテスト・ショーマンに話を戻すと
とにかく歌が良い!
歌詞が良い!
そして歌い手が良い!
お話もおもしろい。
私も
まだ観ていない人には
ぜひ薦めたい映画。



この作品は
ラ・ラ・ランドと同じチームの手によって
構想から7年という歳月をかけて制作されたそう。
きっとチームとして素晴らしいのだろうと思う。
YouTubeでたくさんのBTS(ビハインド・ザ・ストーリー)を観た。
いいな、こんな現場。

私は今まで
歌ものを書きたいなんて
一度も思ったことがなかったけれど
今回、一音一音を噛み締めながら聴き
私もいつか歌を作ろうと思った。

それにしても
ヒュー・ジャックマンは
クラシカルな衣装が似合うな〜。
メグ・ライアンとの共演が懐かしい
『ニューヨークの恋人』(原題はケイトとレオポルト)の
レオポルトもカッコよかったし
『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン役も素晴らしかった。
やはり、素晴らしい歌唱力!
ほかの出演者の歌もダンスも素晴らしい!!
さっそくサントラ盤をゲットした。

私は上映中
音楽が鳴るたびに
今の自分の状況や
音楽業界での立ち位置などなど
たくさんの感情がこみ上げてきて
ずっと泣いていたのだけれど
エンドロールが流れたあとの特別映像で涙腺崩壊。
(泣くポイントについて理解できない方々もいらっしゃるでしょうが。。。)
クオリティの高い
そして
こんなにエモーショナルなリハーサル現場に
居合わせたいものです!

"This is me" by Kiala Settle
この歌詞・・・胸にズシッと来る。
歌っているキアラ・セトルさんが
この歌で勇気づけられ、孤独感が少し減ったと話していた。
私も!


| diary | 23:47 | comments(0) | - |
お金の話
おそらく誰もが知りたがっているトピックの一つに
「お金(ギャラ)」の問題があるのではないだろうか。
音楽を書く人というのは
いったいいくらもらっているのか
ということにスポットを当ててみようと思う。

アメリカでのある新しいプロジェクトのために
いくらの額を提示すればよいか
皆目見当もつかず
インターネットでいろいろと調べてみた。

そのサイトのリンクとともに
内容を少しだけ紹介してみたいと思う。

ニュージーランドの作曲家協会のウェブサイトには
「委嘱作品のためのガイドライン」というものがあって
新しい作品を作曲家に書いてもらうためには
どれくらいの委嘱料が必要なのか、ということが
細かく書かれていて
単純に読みものとして興味深いし、面白かった。
その内容を少し挙げてみよう。
あくまでも目安であって
これらの数字を単純に掛けたり割ったりすればいい
というものではない、ということは
理解しておいていただければと思う。

*編成ごとの委嘱料(NZドル1$=約75円)
ソロ、またはデュオ(ピアノ含む) $400~$800/分
室内楽(3人~9人)$600~$1000/分
室内楽(10人~20人)$650~$1400/分
管弦楽、吹奏楽、ソロ+管弦楽(21人以上)$1000~$2000/分    

こちらはイギリスの音楽家ユニオンの編曲料の目安。(1ユーロ=約130円)
これらの料金は最低額である、という補足まである。
演奏家6人まで 4.59ユーロ/小節
7~14人 5.34ユーロ/小節
15~27人 6.87ユーロ/小節
28~60人 7.63ユーロ/小節
↑これは午前9時から午後9時までの料金

↓こちらはある作曲家のウェブサイトで提示されていた編曲料。
こちらも1小節ごとの単価で表示されている。
linesは五線の数を表している。
オリジナル作品の場合は、アレンジ料の2倍になるそう。
と言っても、商談は話し合いの上で決まると明記されているので
このチャートはあくまでも目安であることがわかる。


こんなふうに、ガイドライン的なものが日本にもあれば
仕事しやすいのになと思う。

今回挙げたこれら3つの例を見て思うのだが
やはり「仕事の価値と内容」への最低限の対価だと思える。
もちろん、この対価に見合わない仕事ではダメ。
プロフェッショナルな仕事をして
最低限これくらいいただけるなら
作曲家というのは、悪い仕事ではないと思う。

今の自分がこの目安に達していないのは
自分の能力のせいだとは思わない。
日本でも、楽譜を書く人の仕事を
ちゃんと認めてほしいものだと
常日頃から思っているので
今まで触れずに来たこのトピックについて
思い切って書いてみた。
まだまだ書きたいことはあるけれど
それよりも
自分の技量を磨くことに時間を費やそうと思う。
良いものを書けば
必ずや報われる時が来るから。
| diary | 03:44 | comments(0) | - |
桜・ピンク
うっかりしてたら4月。
2日連続で夏日を記録した3月下旬。
花粉の飛びようが凄すぎて
鼻の周りの皮の剥け方も醜い。
アレグラ飲んでてこれなので
今年はホント辛い。
これからはヒノキ花粉。
喉が反応する花粉。
怖い・・・

さて
今年の桜の開花はどこも早く
近年では
卒業式に桜が満開になるのが
普通になってきた。
私が大学卒業のとき
あれは3月26日だった。
上野公園のソメイヨシノが満開で
母に写真を撮られながら
「まるで入学式みたい」
と言っていたことが懐かしい。

入学式に合わせるなら
学校の行事を1ヶ月前倒しにするべきかも。
やっぱり新入生には
桜のピンクが似合う・・と思う。

最高気温が26℃まで上がった先日
人が少ない佛光寺に立ち寄ってみた。
人が少ないって素晴らしい!





<今日のつぶやき>
テレビで取り上げられたことで
その知名度をはかる人がいるが
それは間違っている。
テレビに出ていなくても
実績を残し
業界で評価されている人はたくさんいる。

ある日の友人との会話。
友:「最近あのアーティスト全然ダメじゃないですかー」
私:『え?なんで?』
友:「全然テレビに出てないし」
私;『テレビには出てないかもしれないけど
   毎年ツアーもやってるし、素晴らしいアルバムを作り続けてるよ』
友:「へぇ、そうなんですか!もういなくなったんだと思った」
とまあ、こんな感じで・・・(失笑・・)

テレビが日々の主な情報源だと言う人にとったら
これがまあ普通なのかも知れないが
なんとも哀しい現実だなと思う。

| diary | 20:18 | comments(0) | - |
ワシントンD.C.
今年は辛い。
花粉症がだいぶ辛くなってきた。
去年の夏、たいがい暑かったよな。
だからだな。
ここ数年
スギ花粉にあまり反応しなくて済んでいたはずが
ここへ来て
見事に醜い症状で凹んでいる。
こんな時こそ
鈍感でいたい!!ホンマに。。。

ところで・・・
今か今かと
桜の開花が待たれる今日この頃
アメリカでも
桜のシーズンが待ち遠しい場所がある。
ワシントンDCの桜は有名だ。
National Cherry Blossom Festival
ポトマック川周辺に咲く桜は
その昔
日本から寄贈されたもの。
フェスティバルは
3月24日に開幕し
様々なイベントが催され
4月7日には花火ショーも開催されるそう。
フェステイバルは4月15日まで。

ちょうどその頃
ビュクナー先生が
昨年のカーネギー、ワイルリサイタルホールでのリサイタルと
まったく同じプログラムを引っさげて
ワシントンDCでリサイタルを開催される。
場所はスミソニアン博物館郡群の一つ
フリーア美術館

ということは
私のピアノ作品『ピアノのための10のエチュード』も
演奏されるということ!!
ぜひこの演奏会には行きたい!
と思っていたが叶わず・・・・。
行けばまた
聴衆の反応もすぐにわかり
いろいろな相乗効果で
人の輪も広がってゆくのだろうが
行けない・・その場で聴けない
というStruggleを感じる。
しょうがない・・・(;_;)
ワシントンDCはアメリカの首都!
だからこそ
その場に居合わせたかったが・・・。
ここ京都から
演奏会の盛況と成功を祈ることにしよう。

もしもお近くにお住まいの方がいらっしゃったら
ぜひ桜と合わせて
ビュクナー先生のリサイタルにも
足を運んでいただけましたら
大変嬉しいです!

サラ・デイヴィス・ビュクナー@フリーア美術館
2018年4月12日(木)午後7時半開演
フリーア美術館

<プログラム>
西邑由記子 ピアノのための10のエチュード
宅 孝二  プーランクの主題による変奏曲
中田喜直  ピアノソナタ
J.イベール  物語(マイムダンサー平野弥生氏とのコラボレーション)



<今日のオマケ>
少しの花を買う
という小さな幸せ。
『エムブルー』(ラナンキュラスの一種)
実際は写真よりもう少し青っぽい。


| diary | 23:00 | comments(0) | - |
鼻炎と3月
ここ数年は
漢方のおかげか
花粉症状はかなり軽減されていた。
いたのに・・
今年はいつもよりちょっぴり過敏。
それでも
昔、ホントに外に出られないくらい
酷かった頃からは
比べものにならないほど楽だ。
漢方が効く体になってきたのかなと思う。

2,3月は
毎年、胸がわくわくする。
グラミー賞とアカデミー賞の授賞式が開催される時期だから。
今年のグラミーには
私のマンハッタン音楽院時代の師匠
リチャード・ダニエルプア先生が
コンテンポラリークラシカル部門でノミネートされていて
その結果が楽しみだった。
残念ながら最優秀に残らなかったが
アルバムを聴いてみると
先生らしいほとばしるリズムセクションと
勢いのある金管楽器
そして
叙情的な部分で見られる
弦楽器の美しさに
感動しまくり。
私の音楽も彼の音楽の影響を
少なからず、いや
かなり多く受けていると思う。
先生は今はUCLAの教授をされている。

そしてつい先日のアカデミー賞。
オスカーーーーーー!!!
今回が三度目となるノミネーションで
見事、最優秀メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した
日本人アーティスト、辻一弘氏。
家族ぐるみで小学生の頃から知っているので
もう他人事とは思えない。
ずっと彼が携わった映画作品を見てきているから
自分から去ったハリウッドの映画界に
また戻ってきて(ゲリー・オールドマンの熱意に負けて)
あのような素晴らしい仕事をして評価されたことが
本当に自分のことのように嬉しい。
オスカーが開催された夜は
私まで興奮して眠れなかった。
尊敬の念しかない。
心からおめでとうと言いたい。
Congratulations, Kazu-kun!!!



こちらもどうぞ↓
辻一弘さん、「日本では可能性を感じなかった」
特殊メークで「米アカデミー賞」受賞


こちらも!↓


ダニエルプア先生のノミネート作品↓
| diary | 00:24 | comments(0) | - |
最近のニュース♪
いつもブログ楽しみにしてます〜
と言われハッとする。
すみません、かなりサボってる・・・

世間に評価されたければ
自分がアクションを起こさねばならないわけで・・
ということで
忘れた頃に良い知らせ。

International Songwriting Competitionというのに1曲出してた
ということを
すっかり忘れていた頃
こんな知らせが入ってきた。

いつものメルマガかな〜と
何気なくメールを開けてみると
『あなたの作品がセミファイナルに残りました』と。
なにやら16,000曲の応募曲の中から
たった11%がセミファイナルに進み
その中に私の作品もあるそう。
こういうメールが届いたが
もちろん実感はなく。

それでも
また人の耳に届いたのだなと思うと
素直に嬉しい。
聴いてもらって評価されることが
私にとって何よりも嬉しい。



<今日のオマケ>
自分の誕生日に。午前零時。


ヌテラっぽいやつとバナナのトースト。朝食。
| diary | 02:53 | comments(0) | - |
Hello 2018
あけましておめでとうございます

今年もまた
たまにこのページを覗いてくだされば
大変嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

元日はお天気もよく
初詣にでかけた。
八坂神社は
行った時間のせいか
昨年より空いていて
すぐに本殿前まで行けた。
お賽銭は
白い硬貨、茶色い硬貨、穴の空いた硬貨を
組み合わせて投げると良いらしく
さっそく実践。
鈴をシャンシャンと鳴らしたかったのに
鳴らせないようになっていて
非常に残念。
でもこれができなかったおかげで
本殿前がごった返していなかったのかもしれない。
神社の方々も
いろいろ考えているんですね。
初詣

目一杯願い事をして
初詣を終え
そのまま高台寺へ。
1人でお墓参り。
これがなかなか良い。
墓前に手をあわせると
身が引き締まる思い。
初詣

最近、高台寺境内にできた
おしゃれコーヒー屋さん
Slow Jet Coffee』で
美味しいドリップコーヒーをいただきながら
この景色↓
京都やな〜。
初詣

願い事が
単なる「願い」にならぬよう
精進しますっ!
いや、ほんまやで。
| diary | 22:13 | comments(0) | - |
今年もありがとうございました
2017年も
気持ちのアップダウンに振り回されながら
あっという間に過ぎ去ろうとしている。

自分の将来への想いと
自分が今置かれている状況のギャップに悩んだり
うまく行かないなぁと思うことの方が多かったけれど
作品が人の耳に届いて評価されたり
作品が独り立ちしていくのを見届けたりすることで
少なからず
幸せな瞬間もある。

なぜ自分が音楽を書いているのか考える時
誰かにこういうふうに思ってもらいたいから
というようなことを
以前は気にしていたところがあったが
今は
やはり人生は一度しかない!
だからこそ
自分がやりたいことをやろう
書きたいものを書こう
行きたいところに行こう
なんでも楽しもう!と
素直に思えるようになり
誰のためでもなく自分のために
音楽を書きたいのだというところに
たどり着いた感がある。


自分の中から音楽が湧き出てくるのだからこそ
幸せな気持ちで
日々丁寧に生きることで
もっともっと高みに行けるのだと信じたい。

どんな状況でも「精神」が大事。
毎日自分に言い聞かせていることは
「自分に負けるな」ということ。
人に何を言われても
解ってもらえなくても
自分さえしっかりしていれば
きっと実を結ぶときがくる。
やったことがないことを心配したってしょうがない。
やってみないとわからない。
精神的に頼るところがないからこそ
自分で自分を鼓舞し続ける精神力が大切だなと思う。


この1年も
私のこの更新の少ないウェブログを読みに来てくださり
誠にありがとうございました。
どなたかが読んでくださっていると思うと
とても励みになります。
2018年も、日記は書き続けるつもりです。
辞めることを考えたりもしましたが
辞める理由もないな・・・と・・・。

また来年
どんなことが待ち受けているのか
想像もつきませんが
日々の想いを少しずつゆっくり綴ってまいります。
来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

LA2017
The sunset@Leoness Cellars Winery in Temecula






| diary | 22:41 | comments(0) | - |
あぁぁ佳境・・・
曲作りのプロセスはいくつかある。
構想を練る、というのは
これはもう1年中365日ずっと
頭の片隅にあるたくさんのかけらを
思い出しては書き出し
書き出しては捨て
の繰り返しで
日々のトレーニングと言っても良い作業だ。

タイトルを考えることも
仕事の一つ。
ネタ帳に日々溜まっていくたくさんの言葉は
日の目を見ないものの方が多いが
ピタッと来るものに巡り合えたら
速攻使う。採用。

たくさんのスケッチから
音楽にする作業は
非常に忍耐のいる作業。
「進まない」ということに
どれだけ我慢できるか。
もちろん
「サクサク進む」
ということもある時はある。
非常に稀ですが・・・。

以前から何度も言っているが
「待つ」ことが仕事のメインかなと思う。
待っていると
見えてくるものがある。
見えてくると
聞こえてくるものがある。
聞こえてくれるようになったら
こっちのもの。
それでもサクサク
というわけには行かない。
私の場合。

10月が終わってしまうーーーー
という叫びとともに
とにかくピアノに向かう。
Macに向かう。
音符を落とす。
落とすという言い方は
表現としておかしいのかもしれないが
納得のいく音におさまる
という意味では
「落とす」が一番しっくり来る。

締め切り間際にならないと
なかなか落ちないのは
仕方ないことだな。
しかし
今までの時間も無駄ではない。
その時間があったからこその
この一音。
一音入魂というと
大袈裟だが
説明のつかない音は
書いていないつもり。
昔からレッスンで
ずっと言われ続けていた。
説明のつかない音は書くな、と。

佳境に入ってくる
というのは
まさに楽しくなってきた!
ということ。
楽しみま〜す。←無理くり(^_^;)

<今日のオマケ1>
カサブランカの香りが大好き。
芳しい〜。


<今日のオマケ2>
先日の三日月と
きのうのサンセット。


| diary | 23:59 | comments(0) | - |
デッドライン間近
この1年ほどのあいだ
いろいろなことを考えて考えて考えて
行動にうつしている。
「今しかない」
「今やらなきゃどうするの」という
自分の中の言葉に背中を押されて
生きる毎日。
今までの人生のなかで
一番心臓がドキドキしている。
ふと気がつくと
手足まで震えている。
そのドキドキは
良いことのせいでもあるし
不安なことのせいでもある。
自分で考えて
自分で決めて
自分で進む。
進む先なんか
もちろん見えない。
濃い霧に覆われている・・・
ような感覚。
でも
到達点は描けている。
そこに行くしかない。

ある時ふとやってくる不安感を
昔、遠足の前の日のドキドキに
置き換えよう。
「きっと楽しいことがある」
という気持ちになれば
なんでも乗り越えられる気がする。

とりあえず今は
10月末のカールフィッシャーの締め切りと
11月15日のサザンミュージックの締め切り。
どちらも素晴らしい出版社であるからして
がんばるのである。


<今日のオマケその1>
最近
気に入って飲んでいるのは
カルディの『カフェジーニョ』
という種類の豆。
コーヒーはやめられない。
やめる必要は
どこにもないけど。
コーヒー

<今日のオマケその2>
バーガーキングの
チキンサンドウィッチが大好きだ。
先日
久しぶりに食べようと思い行ってみたら
メニューから消されてた。
カウンターのお姉さんを困らせるほど
残念がる私(^_^;)。
チキンバーガーというのがあったので
それにおさまる・・・。あぁ・・・。


カルディ オリジナルキャニスター缶 ブラック 1個

価格:410円
(2017/10/21 02:34時点)
感想(28件)


| diary | 02:28 | comments(0) | - |
CALENDER
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

*PROFILE
ゆきこ

西邑由記子 (にしむらゆきこ)
作曲家&ピアノ弾き

かっこいい曲が書きたい。
耳に残る音楽を創りたい。
だからまいにち
いろんなものに興味を示しながら
シゲキを求めて生活している。
京都在住。
メールはこちらへ↓
info@yukikonishimura.com

Mylinks_facebook




*SPONSORED LINK


*INFORMATION
カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品2018年最新作!!
In the Sunnew


Interlude "Nightfall"new


Songbirdnew



カール・フィッシャー
バンド作品2018年最新作!!
Bluebellnew



サザンミュージック
バンド作品2018年最新作!!
Summer Triangle for Alto Saxophone and Wind Ensemblenew



サザンミュージック
弦オケ作品2018年最新作!!
Star Shipnew


Lavandenew



C.アラン 室内楽最新作!!
Sparklersnew




C.アラン バンド作品最新作!!
MONO/PASTELnew




***********************
カール・フィッシャー
バンド作品
Winter Milky Way


Merry Go Roundnew


Sailing!


Ancient Flower



***********************
カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品
Morning Dew


Meteor Shower


Autumn Waltz


Petite Suite:"Beautiful Flowers"


Water Reflections


Autumn Waltz


Primula ~Joy to the Spring~Carl Fischer

Angel's Steps
Carl Fischer

Cherry Tree
Carl Fischer

Bluebell
Bluebell

Raindrops
Raindrops

Swinging Door
Swinging Door

Ancient Flower


Blue Water
Blue Water
Winter Milky Way
Winter Milky Way

Orange Moon
orange moon

Prelude to "An Old Tale"
Old Tale

Rainy Days
Rainy Days

Snowflake
弦オケ

Sailing!
弦オケ

カール・フィッシャー
から発売中!!

***********************
小編成バンドのための最新作
Key West Pink!
ブレーンからレンタル譜発売中!!
収録CDはコチラ
ブレーン
***********************

C.アラン 室内楽作品
Air Mit Variationen (Handel)

Mendelssohn Konzert

Hightide YuletideC.Alan

Myriads of stars
C.Alan

The sky is the limit
C.Alan

小編成バンドのためのアレンジ作品
ガーシュイン作曲
3つのプレリュード
ブレーンからレンタル譜発売中!!
***********************
4台マリンバのための
"foot・prints" フットプリンツ
ブレーンから楽譜発売中!!
***********************
"The BackRoom"
初演音源発売中
ブレーンオンラインショップ
***********************
バンド作品
"The BackRoom" 楽譜発売中!
詳しくはミュージックエイトまで!
***********************
インタビュー記事
京都新聞2006年8月13日付
五感のチカラ

***********************

*MY WORKS
西邑作品収録アルバムを紹介!

***********************

***********************

JWECC 2007「翡翠」
JWECC 2007「翡翠」 (JUGEMレビュー »)
(オムニバス),おかやま山陽高等学校,仲田守,古庄孝行,山崎毅,楊鴻泰,福岡第一高等学校,観音寺第一高等学校
"The BackRoom"収録
***********************

21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集-
21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集- (JUGEMレビュー »)
川越奏和奏友会吹奏楽団, グラールウインドオーケストラ, 埼玉県立与野高校吹奏楽部, ヤマハ吹奏楽団浜松, 神奈川大学吹奏楽部
「星の船」収録
←楽譜
***********************

行列幻想
行列幻想 (JUGEMレビュー »)
兼田敏, 真島俊夫, 鈴木英史, 池上敏, 西邑由記子, 團伊玖磨, 時松敏康, 伊藤康英, 金洪才, 東京佼成ウィンドo.
"Bright Moon"収録
EB←楽譜
***********************

恋衣
恋衣 (JUGEMレビュー »)
チェン・ミン
「ガーネット・スター」
「現実の向こう側」収録
***********************

冬牡丹       (CCCD)
冬牡丹 (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, RIKKI, フェビアン・レザ・パネ, 三沢またろう, 堀沢真己, 中西俊博
"My Sky Green"収録
***********************

花様芳華
花様芳華 (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, 大島ミチル, フェビアン・レザ・パネ, 京田誠一
"Purple Sundown"収録
***********************

***********************

*CATEGORIES
*ARCHIVES

ブログ JUGEM Some Rights Reserved.>
↑TOP