music | 西邑由記子 作曲家のまいにち〜Composer's Daily Life〜

Ancient Flower@Amazon
昨年、カール・フィッシャーから出版された
バンド作品『Ancient Flower』(エンシェントフラワー)が
アマゾンで入手可能になっています。

作曲家の後藤洋(Yo Goto)さんが書いてくださっている解説が
こそばゆい感じで嬉しいです。
楽器間のアンサンブル
特に、音程と音調のバランスに自信がおありの団体さまに
ぜひ演奏していただきたい一曲です。



| music | 00:52 | comments(0) | - |
カール・フィッシャー2016-2017の新曲
今年も
昨年書いた弦オケ作品やバンド作品が
ようやくお目見えする時期になりました。
嬉しいです。

実際に私たちカール・フィッシャーの作曲家たちは
かなり早い時期、だいたい3月頃には
まず新録音がメールで届き
そのあと新しい楽譜が
航空便で届けられるのですが
会社のホームページに
曲の紹介文(←これ本当に良い気分にさせてくれます)が記載され
ショッピングカートが設けられて初めて
あぁ〜音楽が旅立って行くんだなぁ
という感慨にふけることができます。
なんともいい時間です♪

今年は
弦オケ3曲と
バンド作品が1曲です。
すべてここでご紹介します!

まずグレード2の『Autumn Waltz
Autumn Waltz
演奏技術が易しくても
簡単な(つまらない)フレーズをただ弾くのではなく
「音楽を奏でているんだ」
「アンサンブルしているんだ」
という気持ちを味わえるような工夫を凝らすのが
私の仕事だと思っています。

グレード3.5の『Water Reflections』は
水面を境に映る2つの映像を
メロディの掛け合いで表現したもの。
自分の旋律を弾きながら
ほかのパートにも耳が敏感になるように
という願いを込めて。


グレード4の『Petit Suite Beautiful Flowers』は
東京府中のアメリカンスクール・イン・ジャパンという学校からの
委嘱で書いた作品です。
委嘱を受けた当初は高校生のアンサンブルのため
もしくは
高校生と中学生の合同アンサンブルのために
というご依頼でした。
結局、本番では中学生(8年生)のアンサンブルで初演されましたが
みなさん堂々と弾ききってくれました。とても上手でした。
大変な練習を重ねて
形にしてくださった先生に感謝ですヽ(`▽´)/。
最初に生徒たちに会った際
音楽を奏でる彼らの目がキラキラしていたので
彼らを美しい花に喩えました。
前途洋々たる人生の航海に出るような
ワクワクした気持ちになってほしくて。


最後はバンド作品『Merry-Go-Round』グレード3。

技術的に難しいかなと思っていましたが
出版社の判断ではグレード3でした。
子どもも大人も
なんだかとても幸せな気持ちになれるメリーゴーランド。
気持ちの高鳴りが感じられるような音楽にしたかった!!

弦オケ作品もバンド作品も
もしもチャンスがあれば
ぜひ演奏してみてください。
それぞれの曲のリンクをクリックすると
楽譜と音源がチェックできます!
よろしくお願いいたします!!
| music | 00:19 | comments(0) | - |
サラ・デイヴィス・ビュクナー ピアノリサイタル
4月1日に
京都府立府民ホール・アルティで開催された
サラ・デイヴィス・ビュクナー ピアノリサイタルは
盛況のうちに終わりました。
演奏はどれもすばらしく
聴衆もすばらしく
気分よく酔いしれた夜でした。
ご来場いただきました皆さま
本当にありがとうございました。
あの演奏
あの日のためにやってきたピアノ
あの素晴らしい音響空間を
共有できましたこと
私も嬉しく思っています。

さて
この夜のプログラムの中で
私が一番気になったのは
カゼッラの作品。
彼の名も音楽も
今までに全く聞いたことがなく
事前にネットやYouTubeでいろいろ調べ
ピアノ曲だけでなく
ほかの編成の音楽もいろいろ聴いた。
少し翳りのある色調ではあるが
旋律はとても美しく
和声はスクリャービンっぽくもあるが
フォーレに近いかな〜という感じ。
私は
「真面目なラフマニノフ」
という勝手な印象を持った。
もちろん好き。
ぶっちゃけ
ブゾーニより好きかな〜(^^ゞ。


『Casella - Pavane for Piano』


<今日のオマケ>
リサイタル終演後。
え〜っと、何年ぶりの再会でしたっけ?先生。
BuechnerBuechner
| music | 00:01 | comments(0) | - |
ブゾーニ生誕150周年
4月1日は
作曲家、フェルッチョ・ブゾーニの誕生日。
今年は、ちょうど生誕150年にあたるそう。
その記念すべき日に
私のピアノの師である
サラ・デイヴィス・ビュクナー氏が
ブゾーニの作品を奏でるリサイタルを
京都で開催します。

ビュクナー氏はブゾーニの弟子
ポーランド人ピアニスト、ミェチスラフ・ミュンツに師事。
その後もブゾーニの義娘さんとの交流も続いていたそう。
ブゾーニを語らせたら
何日も話し続けてしまいそうなビュクナー氏のリサイタルを
ぜひ聴きにいらしてください。

まずフライヤー↓
前回に引き続き谷本天志さん。
春らしくさわやかなイラストレイションです(^O^)。




曲目は
ブゾーニ作曲 「エレジー」7曲
バッハ作曲   ゴールドベルク変奏曲 ブゾーニによる自由編曲
カゼッラ作曲  ピアノのための6つの練習曲Op.70
リスト作曲   パガニーニによる大練習曲 ブゾーニによる自由版

4月1日金曜日、アルティでお待ちしています!

<詳細>
ブゾーニ生誕150周年記念
サラ・デイヴィス・ビュクナーピアノリサイタル

日時:2016年4月1日(金)開場6時半 開演7時
入場料:前売¥4,000 当日¥4,500
場所:京都府立府民ホール アルティ 075-441-1414

チケット取扱:チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード279-991
       ローソンチケット 0570-00-0407/0570-08-4005 Lコード58719
       イープラス http://eplus.jp/otonowa/
       府民ホール「アルティ」075-441-1414 窓口販売のみ
       otonowa 075-252-8255 電話予約のみ
お問合わせ  otonowa 075-252-8255 10:00am-6:30pm/日曜祝日休み
             http://www.otonowa.jp

<今日のオマケ>
ビュクナー氏のYouTubeチャンネルです↓
https://www.youtube.com/user/SaraDavisBuechner

リヒャルト・シュトラウス作曲 「ブルレスケ」
タニア・ミラー指揮 ヴィクトリア交響楽団
ピアノ:サラ・デイヴィス・ビュクナー
ティンパニー:ウィリアム・リンウッド

この演奏、凄すぎる!
| music | 21:13 | comments(0) | - |
気分いい〜♬
ひゃぁ〜。
もうね、1曲目から良すぎて
朝からノリノリ♬♬♬
最近沈みがちだった気持ちも
おなか痛も治っちゃう。
音楽の力というのは
やっぱりすごいのだ。

私が20代前半から聴き続けている
アーティストの一人、Babyface。
彼のどこが好きって
そのメロディラインとコード進行とアレンジ
そして
その甘い声。

1枚目の『Tender Lover』から聴いている私にとって
この最新アルバム
『Return of the Tender Lover』という
タイトルは相当意味深。
その意味を
1曲1曲の中に探しながら
聴いている。
いい!
当分はこれだな(^O^)。



| music | 13:00 | comments(0) | - |
美女と野獣
お知らせが遅くなりました。
明日、1月16日土曜日
エリザベト音楽大学セシリアホールで開催されるニューイヤーコンサートで
西邑由記子編曲の『美女と野獣 サックス&バンド版』が演奏されます。
お近くの方はぜひ!
詳細はコチラ

| music | 23:29 | comments(0) | - |
年末の嬉しいニュース
先日
メールソフトを開くと
カール・フィッシャーの副社長から
メールが届いていた。

「いいニュース。
フロリダ バンドマスター アソシエーションのミュージックリストに
君のバンド作品 "Ancient Flower"が加わった。
このリストは、全米の中高生バンドがコンテストなどで演奏する曲を選ぶリストなんだ。」と。

このリストに加わったことで
「Ancient Flower」が演奏される機会が
格段に増えるということ。
年末にホントに嬉しいニュースだったヽ(`▽´)/。
こうやって
自分の音楽が一人歩きして行く。
私は
我が子を旅に出すように
見守るだけ。




<今日のオマケ1>
今年は残念ながらシカゴに行けなかったので
いつも行っていたクリスマスマーケットが懐かしくて
大阪スカイビルのマーケットに行ってきた↓



グリューワイン(ホットワイン)を飲み
ソーセージにありつけたのはいいが
ビル風の中
あまりの寒さに
バカナルへ移動。
しっかりしたボージョレで
仕切り直し(^_^.)。


| music | 23:59 | comments(0) | - |
12月8日、9日の京都文化博物館



明日とあさって
京都文化博物館でおもしろい企画の
コンサートがあります。

5人のマリンバ奏者による演奏会。
5人の共通点は
京都市立芸大卒で
ひつじ年生まれ。
北川皎72歳、小松りみ60歳
通崎睦美48歳、高木真稚恵36歳、中村由紀子24歳という
5世代のプレイヤーが集まる
マリンバのアンサンブルです。

北川氏のキリムコレクションの展示もあるとか。
羊毛素材の絨毯、キリムの展示に関わっているのが
今回のフライヤーデザインも手がけた
谷本さんということで
こちらも楽しみですよ!

ひつじ年の私も
ちょこっと絡んでおります。
アンコール曲をどうぞお楽しみに♬


『羊をめぐる音楽会』

日時:2015年12月8日(火)7:00PM開演(6:30PM開場)
   2015年12月9日(水)3:00PM開演(2:30PM開場)

会場:京都文化博物館 別館ホール

料金:前売¥3,500 当日¥4,000
   ※学生:前売¥3,000 当日¥3,500
   (全自由席/消費税込)

発売日 :当日券あり(各日開演1時間前から発売)
発売場所:チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:268-565]
     ローソンチケット 0570-00-0407
              0570-08-4005 [Lコード:55839]
     眦膕圧都店7Fチケットショップ ※店頭販売のみ
     otonowa 075-252-8255 ※電話予約のみ

備考:未就学児童入場不可

主催:「羊をめぐる音楽会」実行委員会
後援:京都市立芸術大学音楽学部同窓会真声会
協賛:こおろぎ社

マネジメント:otonowa
お問合せ:otonowa 075-252-8255
| music | 00:10 | comments(0) | - |
なんだろうね?
槇原敬之
SMD itaku (music)
(2015-02-11)

空気が冷たくなってくると
聴きたくなる声
マッキーの声。

槇原敬之さんの声と歌は
冬の空気によく合う。
実際に
冬の歌が多い。
冬の歌でなくても
冬の空気が似合う。

聴いていると
なぜだか
切なくなってくる。
けれど
その後に
なぜだか
嬉しくなっている。
元気になっている。
不思議・・。
私にとっての
サプリメントのようなもの。


<今日のオマケ>
あるゆる〜い休日。
丸亀で鶏天ゆずうどんを食べ
鴨川べりでコーヒー。

| music | 13:02 | comments(0) | - |
時にはとてもむずかしい
正直に白状すると
実は今年に入って間もなく
スランプ期に突入していた。
3月末までに書くと言っていたバンド作品は
締め切りを過ぎ
1ヶ月経っても2ヶ月経っても
そして3ヶ月経っても完成しなかった。

スランプ期は数年ごとにやってくる。
たいがい
自分の中の気持ちの切り替えで
今までなんとかやり過ごしてきたが
今回は違った。
気分が乗らないどころか
何が書きたいのか
全くわからなくなっていた。
気分が落ちているときは
何かしら音楽を聴いて
奮い立たせていたけれど
それもダメ。
何を聴いてもつまらない。
そのうち
何が聴きたいのかもわからない。
結局
何も聴きたくない
という日もあった。

それでも
仕事は断らない。
絶対に。
書ける保証なんてないのに
引き受ける。
幸い
小さなアレンジものが続いていて
それなら書くことができた。

そんな時
新曲を書く依頼が来た。
先日ブライトンホテルで初演された
木琴とパーカッションのための
短い作品。
今、スランプ真っ只中だということは
通崎さんに伝えてあった。
それに加えて
納品までの時間が
ありえないほど短いという現状。
これが逆に良かった。
自分に火をつけるには申し分ないほどの
時間のナイナイ感(^^ゞ。
つくづく私って
崖っぷち好きなんだな・・と。

これを完成させたおかげで
(と言うより通崎さんのおかげかな〜)
これからまたしばらくは
大丈夫なような気がしてきた。
いつまで続くかわからないが
とりあえず
一番忙しい10月末までは
持ちこたえたい!!

例のバンド作品も
あとちょっとでできそうヽ(^o^)丿

<今日のオマケ1>
先日
中学時代の友人宅での家呑み会で
私達が中学2年の時に学校で発行された冊子を回し読み。
そこに
自分が書いた好きな言葉が載っていた。
「根性」
でした(^_^;)。
中2の女子らしくない言葉に
思わず吹き出した。
ガッツは・・・
ある方です、はい。

<今日のオマケ2>
スティーヴィー・ワンダーのアルフィー。
ハーモニカの素晴らしいこと!
| music | 00:19 | comments(1) | - |
CALENDER
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

*PROFILE
ゆきこ

西邑由記子 (にしむらゆきこ)
作曲家&ピアノ弾き

かっこいい曲が書きたい。
耳に残る音楽を創りたい。
だからまいにち
いろんなものに興味を示しながら
シゲキを求めて生活している。
京都在住。
メールはこちらへ↓
info@yukikonishimura.com

Mylinks_facebook




*SPONSORED LINK


*INFORMATION
カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品2016年最新作!!
Autumn Waltznew


Water Reflectionsnew


Petite Suite:"Beautiful Flowers"new



カール・フィッシャー
バンド作品2016年最新作!!
Merry Go Roundnew



***********************

C.アラン 室内楽作品
Hightide Yuletide
C.Alan

Myriads of stars
C.Alan

The sky is the limit
C.Alan


***********************
カール・フィッシャー
バンド作品
Sailing!


Ancient Flower


カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品
Primula ~Joy to the Spring~Carl Fischer

Angel's Steps
Carl Fischer

Cherry Tree
Carl Fischer

Bluebell
Bluebell

Raindrops
Raindrops

Swinging Door
Swinging Door

Ancient Flower


Blue Water
Blue Water
Winter Milky Way
Winter Milky Way

Orange Moon
orange moon

Prelude to "An Old Tale"
Old Tale

Rainy Days
Rainy Days

Snowflake
弦オケ

Sailing!
弦オケ

カール・フィッシャー
から発売中!!

***********************
小編成バンドのための最新作
Key West Pink!
ブレーンからレンタル譜発売中!!
収録CDはコチラ
ブレーン
***********************
小編成バンドのためのアレンジ作品
ガーシュイン作曲
3つのプレリュード
ブレーンからレンタル譜発売中!!
***********************
4台マリンバのための
"foot・prints" フットプリンツ
ブレーンから楽譜発売中!!
***********************
"The BackRoom"
初演音源発売中
ブレーンオンラインショップ
***********************
バンド作品
"The BackRoom" 楽譜発売中!
詳しくはミュージックエイトまで!
***********************
インタビュー記事
京都新聞2006年8月13日付
五感のチカラ

***********************

*MY WORKS
西邑作品収録アルバムを紹介!

***********************

***********************

JWECC 2007「翡翠」
JWECC 2007「翡翠」 (JUGEMレビュー »)
(オムニバス),おかやま山陽高等学校,仲田守,古庄孝行,山崎毅,楊鴻泰,福岡第一高等学校,観音寺第一高等学校
"The BackRoom"収録
***********************

21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集-
21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集- (JUGEMレビュー »)
川越奏和奏友会吹奏楽団, グラールウインドオーケストラ, 埼玉県立与野高校吹奏楽部, ヤマハ吹奏楽団浜松, 神奈川大学吹奏楽部
「星の船」収録
←楽譜
***********************

行列幻想
行列幻想 (JUGEMレビュー »)
兼田敏, 真島俊夫, 鈴木英史, 池上敏, 西邑由記子, 團伊玖磨, 時松敏康, 伊藤康英, 金洪才, 東京佼成ウィンドo.
"Bright Moon"収録
EB←楽譜
***********************

恋衣
恋衣 (JUGEMレビュー »)
チェン・ミン
「ガーネット・スター」
「現実の向こう側」収録
***********************

冬牡丹       (CCCD)
冬牡丹 (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, RIKKI, フェビアン・レザ・パネ, 三沢またろう, 堀沢真己, 中西俊博
"My Sky Green"収録
***********************

花様芳華
花様芳華 (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, 大島ミチル, フェビアン・レザ・パネ, 京田誠一
"Purple Sundown"収録
***********************

***********************

*CATEGORIES
*ARCHIVES

ブログ JUGEM Some Rights Reserved.>
↑TOP