西邑由記子 作曲家のまいにち〜Composer's Daily Life〜
アメリカ旅行記2014 vol.1
毎年恒例のシカゴへの旅。
今年で11回目となるミッドウエストクリニックへの参加も
刺激的なものとなった。

毎年のように
伊丹から成田経由でシカゴへ飛ぶ。
伊丹からの飛行機が
揺れに揺れる。
「飛行の安全に全く問題ありません」
というアナウンスが
何度も流れる。
酔い止めを飲んでおいて
本当に良かった。

伊丹発が少し遅れたせいか
成田での乗り継ぎで
長い列に並ばなくてすんだ。
成田発の便も30分ほど遅れた。
乗る前に再度酔い止めを飲む。
なので
お酒は飲まない。
私はいつもトマトジュース♪

そして
今年もベジタリアンライトミールを
申し込んでおいたので
誰よりも先に
機内食が運ばれて来てしまう。
食べ終わるころに
お隣さんの席にもやっと到着。
お先にすみませんねぇ。
Chicago2014
昨年まで付いてきていた
美味しいとは絶対に言いがたいゼリーが
ダノンのヨーグルトに変わっていて
メチャクチャ嬉しかった。

機内のエンタテインメントサービスが
年々充実さを増している。
観たい映画を見始めるも
酔い止めをのんでいるせいか
途中で睡魔に襲われる。
結局
ストーリーがわからないまま
終了するというパターン。
いつも本当によく寝られる。

到着前の朝ご飯。
徹底的に野菜と乳製品。
Chicago2014

シカゴオヘア空港に到着し
毎年のようにまた
何時間も長蛇の列にならばされるんだろうなぁ
と思っていたら
システム大幅改善!
↓この写真はネット上の新聞記事からお借りしました
Chicago2014
自分でパスポートをスキャンし
モニターの案内にしたがって行く。
ここで
プリントアウトされた紙に
バッテンが付いている人と
付いていない人とで
列が分かれる。
私はバッテン付き。
おそらく
パスポートに表示されている氏名と
ESTA申請時の氏名が違うからだろう。
やっぱり少し列にならび
それでもいつもよりも
とんでもなく早くイミグレを通過した。

空港からは
また毎年のように
事前に申し込んであるシャトルバスに乗り
ホテルへ直行。
毎年宿泊していたホテルは
価格が上がっていたため断念し
違う場所の同じホテルを予約した。
ここもキッチン付きの部屋で
エアコンの騒音以外は
快適だった。



Chicago2014
Chicago2014
ウォークインクローゼットがついていて
一人で感動。

ちょうど
ホテルのフリーのディナーが出る時間だったので
ラウンジに行き
少し食べて
イルミネーションが輝く
夜の街を散歩。
あいにく雨が降って来たが
日本よりも湿度が低く
頬に当たる風が
とても気持ちいい♪



さあ!明日から
クリニックが開催されている
マコーミックプレイスへ!
| travel | 17:06 | comments(0) | - |
小旅行
先日
神戸へ1泊の小旅行に出かけた。
いつものように日帰りではなく
少しゆっくりしたくて・・・
そして
友達にも会いたくて・・・
そしてそして
あちこちでグルメも楽しみたくって!

最近は
良いクラスのホテルが
ネットでかなりの格安で探せるので嬉しい。
というわけで
神戸メリケンパークオリエンタルホテルをチョイス♪

さて
着いた足で
ハーバーランドへ向かいランチ。
パンケーキ専門店"Butter"。
当然・・呑みます。
神戸
神戸神戸

日曜日ということで
どこも家族連れで混雑。
人だらけ車だらけベビーカーだらけ。
そんなわけで
観覧車へ逃げる(^_^;)。
乗ったんいつぶりか・・・
神戸
神戸

アンパンマンこどもミュージアムを
上から眺める。
神戸

お目当てだった洋服屋さんへ行ったあとは
コーヒーを飲みにトアロード界隈へ。
雑誌で気になっていた「モトマチ喫茶
このピーナッツバタートーストが食べたくて・・。
神戸

「クリーム白玉やってます」
って書かれてたら
頼むしかないじゃな〜い(^_^;)。
神戸
最近は
こういう古くからやっている喫茶店が大好き。
古いジャズが流れているのも良い(#^.^#)。

このあと
ホテルにチェックインし
ディナーへ出かけた。
久しぶりに会う友達と合流するため
旧居留地の"L'OBABON"(ロバボン)へ。
パリのビストロって
こんな感じなんだろうか・・・
神戸
神戸

ビストロの王道メニューが並ぶ。
美味しい!
神戸神戸神戸神戸
3人でワイン3本が空いた。
楽しい夜だった!!

翌朝は
10時にチェックアウトし
腹ぺこでドンク本店へ向かう。
昨夜あれだけ食べたのにねぇ・・・

そして
これまた雑誌で見ていたケーキ屋さんをめざし
北野の方へ上がっていく。
まだお腹も空いていないので
異人館の辺りをお散歩するが
坂が結構きつい。
異人館よりも
こういう古〜い家に目が行く。
宮崎アニメに出てきそう。
神戸

小腹が空く程度に歩いて
お目当てのケーキ屋さん「ラヴニュー」へ行ってみる。
食べるところがなかったので
近くの喫茶店でコーヒーを頼み
持ち込みで食べさせてもらうことに。
なんでも言ってみれば
叶うもんですな・・(^^ゞ。
神戸
濃い〜〜〜味のケーキ。
忘れられない味。

そしてまた駅の方へ降りてくると
陽射しが強くなってきて
早くもビール気分。
通りがかりにあった酒屋さんでビールを買う。
が、どこで呑む?
目を付けていたたこ焼きさんでたこ焼き一皿を頼み
持って来たビール飲んでもいい?
と聞いてみると
喜んで栓まで抜いてくれた。
ありがたや〜。
神戸
飲んだあと
瓶も回収してくれるなんて!?
にいちゃんありがとぉ。

このあと
平日しかやっていない
アンティークショップ"sori"へ行き
以前気に入って買ったお皿を買い足す。
こんなお店が近くにあったらいいのになぁ。

今回の小旅行のシメは
以前も行って美味しかった
元町商店街にある
讃岐うどんのお店「讃也」へ。
おぼろこんぶがたくさん乗っかった
あったかいうどんでほっこり。
神戸

楽しくて
美味しくて
よく歩いた旅だった。(2日で3万歩)
近場(交通費往復2000円以内!)でも
ていうか
近場だからこそ十分楽しめるのかも。
また来ようっと。
| travel | 15:15 | comments(0) | - |
シカゴ旅行記2013-vol.4
あっという間に
1月も真ん中まで来た。
いつも
年明けからの時間が
飛ぶように過ぎて行く。
そして
相変わらず
外に出ない日が続く・・・。

さて
シカゴ日記その後。
今回は
シカゴ10回目にして
初めて電車に乗ってみた。
シカゴ
街から少し離れたところにある
手芸専門店に行くために。
やっぱりここにもあったか「マイケルズ」!
シカゴ

最寄りの駅から
Googleマップを頼りに歩く。
アメリカで歩くとなると
ちょっと緊張する。
そこが安全な地域かどうか。
だから
電車を降りたら
よ〜く街や人を観察する。
大丈夫そうならそのまま進む。
そういえば
マンハッタンの学校に通っていた頃
地下鉄の違う路線に間違って乗り
学校までは徒歩圏内だからいいやと思い
ハーレムのド真ん中で降りたのだが
地上に出て
2秒で逆戻りってことがあった。
それくらい怖かった、あの頃は・・・(-_-;)

さてさて
ここは大丈夫そうだったので
マイケルズが入っているモールまで
10分ほど歩いた。
街が少し遠くに見える。
シカゴ

マイケルズでさんざん物色したあと
同じモールに
大好きなホールフーズが入っていたので
つら〜っと見て
ブッフェで食べたかったケールのサラダと
あとちょこちょことボックスに入れ
ランチタイム。
↓赤身万歳\(^^@)/
シカゴ
シカゴ
シカゴ
シカゴ

いつもたくさんのお総菜を目の前にすると
あれもこれも入れてしまうのだが
今回は割とあっさりめ(^_^;)。
シカゴ
シカゴ
向こうのスーパーは
ホントわくわくするっ!

シカゴでは
ほとんど人と食事に行かないが
ミッドウエストの会場では
たまたまその辺にいた人と
ランチすることになる。
今回のランチは
会場のカフェテリアのみだった。
あとは
トレジョで仕入れて
部屋でまったり派。

カフェテリアでの食事。
ターキーサンド・・・なんだけど
パンとターキーの比率は完全におかしい(-_-;)。
それにグレイビーがおもいっきりかかってて
下のパンは
もはやパンの原型をとどめていない。
これでもグレイビー半分って言ったのよ−。
だから
最初から最後までフォークで完食。
ターキーのこのパサパサ感って最高♪
シカゴ

炭焼きチキンサンド。
若干の焼きすぎ感。
プラスチックのナイフで切れないので
手で裂いて食べた。
これもサンドイッチとしては食さず(*_*)。
手前のくるくるポテトは好物の一つだが
これもよ〜く揚がっている(^_^;)。
シカゴ

このバナナマフィンは美味しかった。
スタバなのはコーヒーだけ。
シカゴ

トレジョで買った
完全にジャケ買いのワインと(←旨かった)
ここでもケールのサラダ。
シカゴ

これは帰国便に乗る前のひととき。
飛行機の中ではアルコールを飲まないから
乗る前に一杯やろうと思って入った
ジャパニーズレストラン。
飛行場が見えて良い感じ。
シカゴ

始めに
大好きなサミュエルアダムスの生。
けっこうな量。
それにサーモンロール。
シカゴ
シカゴ

なんか飲み足りなくて
もう一杯。
今度はミラーライトのボトルを頼んだら
ウエイターが
栓だけ開けて
ポンとテーブルに置いて行ったので
ボトルから飲むのも気がひけて
さっきのサミュエルアダムスのグラスに
ミラーライトを注ぐ(^_^;)。
シカゴ

ビールのせいで寒くなってきたので
お味噌汁を頼んでみた。
おつまみに枝豆と一緒に。
シカゴ
これが今回のシカゴの
唯一のちゃんとした食器での
食事でしたとさ。

2013年のミッドウエスト遠征(営業?)は
これにて終了。
次回はどこかに寄り道したいな。
ニューヨークとか
ロスとか・・・。

さて!
現実に戻らなよっ!
| travel | 21:57 | comments(0) | - |
シカゴ旅行記2013-vol.3
3日目。
なんと
午前11時半からの本番のリハーサルが朝7時から!?
ということで午前5時20分に起床。
自分のサーモカップにハーブティを入れ
まだ薄暗い外に出た。

リハーサル会場に到着すると
みなさんスタンバイしていた。
どの先生方もとても元気で
まだぼ〜っとしている子どもたちに
明るく声をかけている。
ボルティモアから
バスで12時間かけてシカゴまで来た一行は
その疲れがまだ見える。
特にお子さまたち(^_^;)。
シカゴ

以前
Snowflakeという曲を
ジョージアの子どもたちが演奏してくれたときも
思ったのだが
弦楽器をやっている子達は
ほとんどがアジア人。
今回のオーケストラも
90%以上がアジア人で
そのほとんどが
中国人と韓国人で
日本人はたった一人。
白人は数人。
やはり
弦楽器のスーパースターに
アジア人が多いのがその理由だろうか。
ヨーヨーマさんやサラ・チャンさんなど・・・

ほとんどがアジア人だからか
みんなとても大人しい。
返事しているの?
起きてる?
ぐらいのリアクションで
かわいいというか
おぼこい感じ。←子どもだから当たり前か

マコーミックプレイス内のお土産屋さんで
ブラブラしていると
団員の日本人の女の子が
話しかけてくれた。
少し話したのだが
12歳のその女の子は
日本語がだんだん怪しくなってきているという。
「日本語忘れないでね」
「ヴァイオリン楽しんでね」
と伝えた。可愛い。

1時間しかないリハーサルで
すべての曲を鳴らさなければならないので
かなりハイペースで進んで行く。
そのうちに
子どもたちも起きてきて(^_^;)
音も鳴ってきた。
このオーケストラを取り仕切っている
ローズマリー先生も
私の曲を指揮してくださった
アレックス先生も
とてもおおらかな指導法。
本番前の子達に
「音程ーーーーー!!」と言っても
仕方がない。
いかにその気にさせるか
本番を楽しませることができるかに
先生が全力を注いでいる。
教育する人たちって
ホントに凄い。頭が上がらない。
あとでアレックス先生と少し話したのだが
彼らが高校生になったら
もう少し経験も増えて
こちらがだまっていても
音楽的になっていくから
今は辛抱の時だと
おっしゃっていた。
なるほど。
子どもたちに完璧を求めないところは
日本のシステムとは
少々違うなと感じた。

8時にリハーサルは終了し
11時半まで時間たっぷり。
そして腹ぺこ。
シカゴ
アメリカに来たら
フルーツばっかり食べている。
日本のものほど甘くなくて
野菜感覚でちょうど良いのだ。
たまに「堅っ!」という
メロンに出会うが
まあそれもいいや。

さて
待ちくたびれた本番。
会場がおっきすぎ。
1曲目の音が鳴った瞬間
さっきまでホントに寝てたのね?
ということがわかった。
ミドルスクールに行っている子達がほとんどなので
11歳から14歳ぐらいだろうか。
みんなとても上手だ。
第1ヴァイオリンは
高音域も問題なしで
ぜひグレード4以上の曲も
書きたいなと
この時思った。
シカゴ

私の新作は
Blue Water
大海原に航海に出る期待感を
表現した曲。
楽譜上では
少し押さえたテンポ表示なのだが
私が望んでいた
少し早めのテンポで弾ききってくれて
私はとても満足だった。
この先も
また演奏してもらえたら
と思う。

音楽監督のローズマリー先生と
Blue Waterの指揮者、アレックス先生と
演奏会終了後に。
シカゴ

今回も
演奏会後にいろんな人が
感想を言うため
私のところに立ち寄ってくれる。
この瞬間が本当に嬉しい。

今回もまた
曲が独り立ちして行く瞬間に立ち会えて
とても幸せだった。
たくさんの新作の中から
私の音楽を選んでもらったことも
一つの偶然にしか過ぎないのかな
と考えると
これも「縁」なのだなぁと感じる。

HOWARD COUNTY MIDDLE SCHOOL GIFTED AND TALENTED ORCHESTRA
の関係者のみなさんに感謝!


<今日のオマケ>
この日の帰り道は
気分がとても清々しかった。
朝が早かったので眠かったのだが
この数年行っていなかった
クリスマスマーケットに行って来た。
お目当てはコレ↓ホットワイン。
シカゴ
これで一人打ち上げ。幸せ♪

会場にはとてもいい匂いが漂っている。
シカゴ
シカゴ
シカゴ

↓鳩も寒いんだね。
どう見ても
ほぼ鳩の丸焼きにしか見えない(-_-;)
シカゴ
| travel | 19:55 | comments(0) | - |
シカゴ旅行記2013-vol.2
2日目。
起きたら快晴。
シカゴ シカゴ シカゴ

例年のように
街のヴィジターセンターで
バスの3dayパスを買おうと出かけると
交通機関のシステムが変わったという。
ここでは買えないから
最寄りの駅に行けと・・・。
はぁ?と思いながら
初めて地下の駅へ行ってみた。
何もかもが変わってて
説明読むのに少々時間がかかった。
が、要するに
ICOCAみたいなものになったということ。
シカゴ
また来年も来るんだからと
1枚新調(#^.^#)。
デポジットしておくと
デビットとしても使える。

駅からまたバス停に戻り
クリニック会場のマコーミックプレイスへ。
バス停もなにやらハイテクになっていて
あと何分で何番のバスが来ます
という表示があるものの
その順番通りには来ず
あと3分と出ていた表示が
もう一度見に行くと15分になっていて
え?と二度見すること幾たびも・・・(-_-;)
さすがアメリカ〜。

いつものどデカい会場に到着。
広すぎてなんかさぶい。
それでも
ダウンコートを持ち歩くのも不便で
コートチェックに預けに行くと
1回3ドル取られる。うぅぅ・・・(*_*)

シカゴ
シカゴ
シカゴ
会場が広いので
化粧室のサインも
これまたデカいのよ。
(日本では男性はブルー、女性はピンクで色分けされているが
海外にそういう概念はない。どこにもない。)

シカゴ

いつもは気づかなかったクリスマスツリー。
気づかなかったのか
今まではなかったのか。
シカゴ

いつものように
まずはカール・フィッシャーへ。
シカゴ
シカゴ

今年は演奏もされるので
「今回のクリニックで演奏されますよ〜」のところに
それぞれのスコアが並んでいる。
今回演奏されたのは「Blue Water」
シカゴ

みんな元気で何より。
左から
カール・フィッシャー副社長で作曲家のLarry Clark氏
そのお隣、サザンミュージックでもお会いしたことのある
ニューヨーク在住の作曲家、Eric Ewazen氏
私の右側は作曲家でクリニシャンのKevin Mixson氏。
シカゴ

さぁて明日は朝の7時からリハーサル立ち会い!
アメリカ人はホント、朝から元気。
| travel | 18:35 | comments(0) | - |
シカゴ旅行記2013-vol.1
昨年も
ミッドウエストクリニックに参加してきた。
今回でちょうど10回目・・かな?
日本を発つ前から
寒い寒いと言われていたが
到着した日から
最高気温が2,3℃になり
たいしたことなかった(^_^;)。
もちろん冬だから寒いんだが
身動きとれないほどではなかった。
なぁ〜んだ。
京都の方がよっぽど冷える・・・
気がする。


さて
到着したら快晴で
今回は午後着の便だったので
早朝ほどイミグレも並ばないだろうと思っていたが
やっぱり並んでた。
それでも2時間にはならなかったから
まあマシな方。
大阪からずっと同じ便に乗っていらっしゃった井上さん
イミグレに並ぶ前に
私を待っていてくださったので
一緒に並んで
ずっとおしゃべりしていたので
長い列もさほど気にならなかった。
井上さん、ありがとうございました!

空港からはいつものように
ネットで申し込んでおいたシャトルに乗って
一路ホテルへ。
もう6年目かな?
同じホテルにずっと宿泊している。
朝食、サパー、Wifiがフリー。
それにおっきな冷蔵庫がついた
フルキッチンがついている。
けっこう古いのだが
居心地も寝心地も良い。
近くには
ショッピングモールと
おっきめスーパーと
トレジョがあって
あまりの便利さに
ほかのホテルに変えられない。


ちょうどロビー階で
サパーのサービスがある時間だったので
赤ワインと食べ物をゲット。
シカゴ

それから
いつものようにカメラを持って
夜の街を散策。
空気が澄んでいるので
イルミネイションが映える。
寒いけど気持ちいぃ〜。
ハンコックタワーもクリスマス色。
シカゴシカゴ
着いた日はいつも
飛行機で体がまだ揺れているような感覚。
フワフワしながらシャワーを浴び
時差など関係なく
しっかり眠りについた。

今回は
弦楽オケの新作が
ボルティモアの子どもたちによって
演奏される予定。
あぁ楽しみっ!
| travel | 21:30 | comments(0) | - |
初四国・初高知!
旅ネタ続きます。

国内旅行というものを
あまりしたことがない。
新幹線に乗るときは
冠婚葬祭でないかぎり
いつも仕事がらみで
どっぷりレジャー
ということはほとんどない。
ないのだが
今回初めて
親戚に会いに行く
という目的だけでの旅行。
うーん、夏休みっぽい!!

新幹線に乗ったら
やっぱ呑むでしょ。


高知と言っても
西の端の方。
土佐清水。
海を越え
片道7時間以上もかけたら
ほぼ海外旅行みたいなもんだ。
新鮮そのもの^^;

海なんていつぶりだろう。
波の音に癒されて
いつもは枕が変わったら寝れない私も
毎日爆睡。
毎朝8時に民宿で朝食を取り
午前中から活動モード。
午前12時頃
世界陸上を観ている最中に
電池が切れるという
健康的な毎日(^^ゞ。

車を借りて
足摺岬までドライブしたり
浜辺を歩いたり
いわゆる「田舎」を満喫。
おとなり四万十市で
連日40℃以上を記録する猛暑で
久しぶりに日焼けもした(-_-;)。

大岐の浜。人少ねぇ〜(^_^;)
高知
高知
白い砂と黒い砂が入り交じっている。
高知

海底館でお魚を見る。
高知
高知
高知

高知名物「皿鉢(さわち)料理」
高知
高知
高知

海外が大好きな私だが
ま、たまにはいいわね
こういうのも・・・
高知

高知

<今日のオマケ>
向こうでは定番らしい↓
高知
| travel | 19:52 | comments(2) | - |
香港旅行記vol.5
さてさて最終日。
夕方便なのでまだまだご飯が食べられる。
幸せ)^o^(
この日のお天気は曇り。
ホテルの41階からの景色。
香港

ホテル周辺はまったくノータッチだったのだが
ガイドブックに載っていた飲茶屋さんが
ホテルのすぐ近くだったので
行ってみることにした。

なかなか綺麗なお店。
午前中でもしっかり賑わっている。
で、さっそく烏龍茶で
食器を洗う。
本来は大きめのボールに入れられた
熱々の烏龍茶で
茶碗を温めるのだが
ついでに食器も洗っちゃおってこと(^_^;)。
香港

揚げ春巻きに大根餅
大好きな腸粉、蒸しケーキのようなマーラーカオ。
香港
香港
香港
最後に蓮の葉にくるまれたおこわ。
香港
どれも美味し〜い♪

満腹のまま
シャトルバスと電車を使って空港へ。
空港での待ち時間も
まだフードコートをウロウロする。
香港
黒タピオカ最高!

旅の締めくくりは
やはり機内食。
今回は洋食のみ。
ま、普通(^_^;)
香港

一緒に旅する友は
食べる量が同じくらいで
お腹が空く時間がほぼ同時で
好き嫌いがない人がいい。
そういう意味でユウコ姫は最高なのだ。
今回の旅も楽しかったよ。ありがとぉ!!

20年ぶりの香港は
随分と変わった気もするし
変わっていない気もする。
一つ言えることは
今も昔も
人も街も
とっても元気でパワフルだってこと。
また行きたい場所。

<今日のオマケ>
香港のスタバで買った月餅。
エスプレッソ入りですごーく美味しかった。
香港

そしてお土産の定番。
出前一丁香港ヴァージョン。
ごま油がめっちゃきいてる。
香港
| travel | 20:57 | comments(0) | - |
香港旅行記vol.4
4日目の香港。
おみやげを買いに
ユウコ姫と街に出た。
まずは
ユウコ姫お目当ての
ちょっと高級な食材店へ。
その店には
鳥の舌の瓶詰めなども売っていた。
コリコリして美味しいんですって・・・。
さすがに試せない・・・・・・・・^^;

食材店に行く途中にあった市場。
この暑い気候に
野菜や生肉、生魚が並んでいる。
実に生々しい!
野菜はいいけど
肉の豪快さ加減に
ちょいと引き気味(-_-;)
香港香港香港

目的地にたどり着き
さくっとお買いものし
元来た道を戻る途中にマンゴー発見。
ランチの前だったけど
無視できず
しばしの休憩。
香港

そして今日のランチは
どうしても行きたかった場所へ。
本当にローカルなお店で
ほぼ地元の人だけで賑わっているのだが
日本のガイドブックにも載っている。
英語はまったく通じない。
メニューにも英語は見当たらない。
とりあえず
周りを見渡して
見よう見まねで
烏龍茶で
食器とおはしを洗ってみる(*_*)
ま、お茶で消毒ってこと。
消毒したから大丈夫っ!
と、思えない人はこの店では食事できないでしょう。

ワゴンの所に行って
食べたいものを争奪戦で奪う!
遠慮してたらありつけない。
前へ前へ!
香港
香港香港
いやぁでも
本当に美味しい!
色味は悪いが
何を食べても美味しいのだ。

この日の夜は
サックスコンチェルト本番の日。
香港

打ち上げでのご飯。
かなりヘビー(^_^;)
香港
香港

さて明日は最終日。
| travel | 18:17 | comments(0) | - |
香港旅行記vol.3
先日の通崎さんのブライトンホテルでのコンサートに
たくさんご来場いただきありがとうございました。
楽しいひとときでした!

さて
香港トリップ後半戦?!
ここからは写真画像の精度が落ちます。
オリンパスPENライトの充電器を
忘れてしまったので(T_T)
iPod Touchで撮影・・・

3日目は朝からマカオに向けて出発。
ターボジェットという船で
1時間50分ほどで全くの異国に到着。
三半規管が弱い私は
少々船にビビリ気味。
酔い止めを飲んでいないので
ビビリ加減半端なし。
停泊しているときの揺れが一番堪えるので
出航ギリギリの最後の方にやっと乗船。
が、思ったほどではなく
割と快適に出発。
中でお菓子食べる余裕もあり(^_^;)
香港

着いたら・・・暑い!熱い!!!
港には
カジノホテルから来たコンパニオン?たちが
たくさんお出迎え。
いいなぁ、カジノ行きたいなぁ
ってことで
ちょっと寄ってみた。
100ドル(=1300円)かけて
数分で全額ゼロ。
まあ、ここが目的地ではないので
早々に切り上げて
お目当てのレストランに向かう。
香港
香港
床に金塊って・・(^_^;)

街が可愛い。
建物もバスも。
しかし人が多い!
週末の原宿竹下通りなみ。←喩えが古いか・・・
この写真では少なめだが
このあとドンドン人の波が押し寄せる!
香港
香港

レストランの場所がわからないので
洋服屋さんのお姉さんに道を尋ね
無事に到着。
「エスカーダ」
かわゆいレストラン。
ここでの売り&人気メニューは
カニのカレー炒めとダックライス。
ポルトガル料理は
私たち日本人の口にすごく合うと思う。
どちらも量がすごかったが
二人で気持ち良く完食。
香港
香港
香港
準備万端!さぁ、行くわよ。
香港
ポルトガルワインもとても美味だった。
香港


食事のあとのお目当てもう一つ。
エッグタルト!
これを食べないと帰れない
ってことで
できたてホカホカをほおばる。
旨し!
香港

しかし暑すぎて
陽射しが強すぎて
この日だけで日焼け。
今もシミが・・・(・_・、)
ま、楽しかったし美味しかったからいいや〜。

午後7時半からのリハーサルに間に合うように
また船で香港へ戻る。
帰りは爆睡(-_-)zzz。

リハーサルのあとは
また雲井さんと須川さんと夜の街へ。
須川さんがきのう行きたがっていたお店に行ってみた。
火鍋のお店。
英語はまったく通じず・・・(*_*)
訳がわからないまま
なんとか注文。
いやぁ、美味しかった!

香港
香港
香港
最後に麺を入れたくて注文したら
うどんは日本のうどんそのもの
乾麺の方は
なんと出前一丁!
インスタントかよってツッコミながら
これが豚骨のいいダシがでたスープと合う!
ここでも完食。
ごちそうさまでした。
香港

明日はさらにディープな場所へ!
つづく・・・。
| travel | 23:39 | comments(0) | - |
CALENDER
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

*PROFILE
ゆきこ

西邑由記子 (にしむらゆきこ)
作曲家&ピアノ弾き

かっこいい曲が書きたい。
耳に残る音楽を創りたい。
だからまいにち
いろんなものに興味を示しながら
シゲキを求めて生活している。
京都在住。
メールはこちらへ↓
info@yukikonishimura.com

Mylinks_facebook




*SPONSORED LINK


*INFORMATION
カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品2016年最新作!!
Autumn Waltznew


Water Reflectionsnew


Petite Suite:"Beautiful Flowers"new



カール・フィッシャー
バンド作品2016年最新作!!
Merry Go Roundnew



***********************

C.アラン 室内楽作品
Hightide Yuletide
C.Alan

Myriads of stars
C.Alan

The sky is the limit
C.Alan


***********************
カール・フィッシャー
バンド作品
Sailing!


Ancient Flower


カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品
Primula ~Joy to the Spring~Carl Fischer

Angel's Steps
Carl Fischer

Cherry Tree
Carl Fischer

Bluebell
Bluebell

Raindrops
Raindrops

Swinging Door
Swinging Door

Ancient Flower


Blue Water
Blue Water
Winter Milky Way
Winter Milky Way

Orange Moon
orange moon

Prelude to "An Old Tale"
Old Tale

Rainy Days
Rainy Days

Snowflake
弦オケ

Sailing!
弦オケ

カール・フィッシャー
から発売中!!

***********************
小編成バンドのための最新作
Key West Pink!
ブレーンからレンタル譜発売中!!
収録CDはコチラ
ブレーン
***********************
小編成バンドのためのアレンジ作品
ガーシュイン作曲
3つのプレリュード
ブレーンからレンタル譜発売中!!
***********************
4台マリンバのための
"foot・prints" フットプリンツ
ブレーンから楽譜発売中!!
***********************
"The BackRoom"
初演音源発売中
ブレーンオンラインショップ
***********************
バンド作品
"The BackRoom" 楽譜発売中!
詳しくはミュージックエイトまで!
***********************
インタビュー記事
京都新聞2006年8月13日付
五感のチカラ

***********************

*MY WORKS
西邑作品収録アルバムを紹介!

***********************

***********************

JWECC 2007「翡翠」
JWECC 2007「翡翠」 (JUGEMレビュー »)
(オムニバス),おかやま山陽高等学校,仲田守,古庄孝行,山崎毅,楊鴻泰,福岡第一高等学校,観音寺第一高等学校
"The BackRoom"収録
***********************

21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集-
21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集- (JUGEMレビュー »)
川越奏和奏友会吹奏楽団, グラールウインドオーケストラ, 埼玉県立与野高校吹奏楽部, ヤマハ吹奏楽団浜松, 神奈川大学吹奏楽部
「星の船」収録
←楽譜
***********************

行列幻想
行列幻想 (JUGEMレビュー »)
兼田敏, 真島俊夫, 鈴木英史, 池上敏, 西邑由記子, 團伊玖磨, 時松敏康, 伊藤康英, 金洪才, 東京佼成ウィンドo.
"Bright Moon"収録
EB←楽譜
***********************

恋衣
恋衣 (JUGEMレビュー »)
チェン・ミン
「ガーネット・スター」
「現実の向こう側」収録
***********************

冬牡丹       (CCCD)
冬牡丹 (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, RIKKI, フェビアン・レザ・パネ, 三沢またろう, 堀沢真己, 中西俊博
"My Sky Green"収録
***********************

花様芳華
花様芳華 (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, 大島ミチル, フェビアン・レザ・パネ, 京田誠一
"Purple Sundown"収録
***********************

***********************

*CATEGORIES
*ARCHIVES

ブログ JUGEM Some Rights Reserved.>
↑TOP