travel | 西邑由記子 作曲家のまいにち〜Composer's Daily Life〜

アメリカ旅行記2016 LA編 vol.1
うっかりしてたら3月(^_^;)。

というわけで
最高気温がマイナス10℃だった極寒のシカゴから
暖かいLAへ移動。
今年は寒い
と言われていたLAも
私にとっては極楽だった。


LAへの便を待つ間
空港でしばしカフェタイム。
前回まではなかった南国風のカフェで
コーヒーとフルーツ🎵


カフェの真ん前のコスメショップで
水兵さんたち発見。


シカゴからLAまでは3時間ほどの空の旅。
ちょうどお昼をはさんでいたのだけれど
乗る前にフルーツを食べたので大丈夫かな?と思っていたが
離陸して少ししたらお腹がすいてきて
しょうがないので
フリードリンクをもらう時に
プリングルス(ポテトチップス)を注文。
すべてクレジットカードで決済する。
小さいプリングルスが
日本円にして500円弱。た、たかい。
サンドイッチもあったけれど
普通サイズのサンドイッチが1000円くらいだったので
ポテトチップスで我慢(;_;)

LAに到着。
UCLAで学んだ後
もう3年以上LAに住んでいるえりこちゃんに
迎えに来てもらい
前々から行きたかった
素晴らしい夜景が望めるグリフィス天文台
まず連れて行ってもらった。
寒かったおかげで
綺麗な写真が撮れた。


シャッターが遅いので
とても不思議な写真がたくさん撮れた。
こういうの、とっても好きです。


この
グリフィス天文台は
今話題のミュージカル映画『La La Land』にも
出てくるようですよ〜。

ここにしばらくいて(めっちゃ寒かった。。)
滞在予定のホテルへ移動。
ホテルに到着したら
えりこ嬢が夕飯の買い出しに行ってくれた。
私はホテルにチェックインし
部屋で彼女の到着を待つ。

このホテルも
シカゴのホテル同様
フルキッチンが付いている。
以前
夏に訪れたシカゴで宿泊したホテルと
同じホテルを予約した。
中身はほぼ同じ。
一人にはもったいないほどの広さ。




3年ぶりに再会した彼女と
ホテルの部屋で晩餐。
素敵すぎるチョイスに感動。
ご飯もお酒もとっても美味しかった。



さて
明日は大好きな場所へ♪
| travel | 00:26 | comments(0) | - |
アメリカ旅行記2016 シカゴ編 vol.3
シカゴでは
誰ともご飯に行かないので
基本お一人さま。
カフェでコーヒーのお供に何か食べたり
テイクアウトして部屋で食べる。

朝ごはんは
ホテルのあったかいビュッフェに行く。
7時台に降りていくと
空いていていい。
外はまだうす暗い。






アメリカに行ったら必ず行くところ。
「パンダエクスプレス」
まず旨い!チャイニーズ←褒めてます
はい、もちろんジャンクです。




Cアランの社長と
クリニック会場横のホテルでランチした時に
ビュッフェで取ってきたスウィーツ。
見かけは小さいのに
想像以上の甘さでギブアップ(~_~;)。
「それ、全部食べないの?」
と社長に聞かれて
「甘すぎて無理だから」
っていう言い訳がなかなか理解してもらえないのは
きっとデザートは激甘なものだ
という固定観念からでしょうか。
でも、甘いのと甘すぎるのとは違う
ということを
教えてあげたいゎ(^_^;)
この甘さ、コーヒー1杯じゃ足りんのよ。


近くのスーパーマーケットのケーキコーナー。
クリスマスだからと言っても
着色料はここまで必要だろうか?
食べたあと、口の中がどんな色になっているかと思うと
買う気は起きません。


今回も大好きなオーガニックスーパー
『トレイダージョーズ』を訪れた。
日本へのお土産は
だいたいここで揃う。
今回初めて見つけたこれ↓
ドライバナナ。
私は柔らかさが残っているドライフルーツが大好きなので
これは本当に美味しかった。
次に行った時は
10袋くらい買いたい!


<今日のオマケ>
ホテルの部屋についていた電子レンジ。
ピザ1枚余裕で入りそうな庫内。


温めボタンの順番が
ポップコーン→ポテト→ドリンク
やっぱり電子レンジにはジャンクが似合う(^_^;)
| travel | 20:07 | comments(0) | - |
アメリカ旅行記2016 シカゴ編 vol.2
ボチボチ行きます(^_^;)

シカゴ到着翌日。
2年ぶりのミッドウェストクリニック参加!
あぁ〜みんなに会いたかったよ〜。
会場に到着後すぐに
カールフィッシャー、Cアラン、ブレーンの各出版社にご挨拶。
みなさん元気で良かった良かった。
サザンミュージックからも一人来ていたようだったが
残念ながら会えなかった(;_;)。



↑相手が日本から来た人だったら
漢字表記の方がわかりやすいので今年は書き足してみた。

カール・フィッシャーには
新作の弦オケ作品やバンド作品が並ぶ。
過去に出版されたものも並んでいる。
この眺め、感無量。




↓カール・フィッシャーはこちらのシリーズが特に有名。


出版社とは
将来的な話ができれば
シカゴまで来る意味があるし
それが一番の収穫なのだが
全員とそういう話ができるわけではない。
でもとりあえず
アメリカの出版社とは
これからも良い仕事が続いて行きそうで良かった。

クリニックの会場へは
いつも公共のバスを使う。
ドラッグストアで
予めデビットカードに入金しておき
バスに乗る時に「ピッ」とする(^_^;)。
今年はバス停が可愛くてほっこり。
「ミラーライト」というビールの広告デザインが
本当に可愛くて和まされた。
何風というんでしょう、これ。




屋根には立体モチーフが飾られている。
あと何分でバスが到着するかを表示する部分が
隠れて見づらくってもお構いなしなところはお国柄?(^_^;)


これを受けて(^_^;)
ミラーライトってどんな味だったっけなと思い
ホテルでビールを買ってみた。
(スーパーマーケットでは
最低6本から買わなくてはならないので・・・)
バドライトもラベルが素敵になってた🎵

私はこういう薄い味のビールが大好き

次回はシカゴの食編。←本当にたいしたことないから期待しないで〜
そしてLA編へさっさと行きます。
| travel | 23:39 | comments(0) | - |
アメリカ旅行記2014 vol.5
やっと最終回。
2月の終わりまで引っ張ってしまったわい(^^ゞ。
写真が多いので長いです。アシカラズ。

ミッドウエスト開催中に
出版社の社長とランチする機会があった。
ホテルの中のレストランだが
ペリエを頼むとペットボトルが出てきた。
このペットボトルバージョンお初(^_^;)。
Chicago2014

ランチビュッフェがあったけど
朝食がビュッフェなので
メニューから「ツナメルト」をオーダー。
たいがいカリカリの食パンに
チーズとツナがはさんであるもの。
なんだが・・・・出てきたのがこちら↓
同席していた日本でとっても有名な作曲家の
ギリングハム氏も「こんなツナメルト見たことない!」と。
Chicago2014
日本で売られているツナ缶4,5個分くらいの量のツナに対して
パンが小さい!
なんでも平らげる私も
あと1/4を残してギブアップ。
ツナは大好きだが
そないに大量に食べられません。

この日のランチには
後藤洋さんと奥様の晶子さんも同席。
いろいろ話ができてよかった。
人物の写真を撮り忘れた。

ミッドウエストが終わった次の日は
手芸屋さん巡り。
ネットで偶然見つけたお店に
地図を頼りに行ってみる。
地下鉄に乗るためホームに降りて行くと
一応時刻表↓

これくらいアバウトでいいと思う。
日本のラッシュ時の時刻表って
意味あんのか?
誰も見てないんじゃない?
って思う。

最寄り駅から歩くこと10分ほど。
事前にグーグルアースで調べてあるから
すぐに見つけられる。
オールドタウンという街には
高層の建物がない。
住宅街という感じで
ジョギングしている人や
犬を散歩させている人と
すれ違う。

Chicago2014
このパーツ屋さんに2時間以上いた。
素敵なものがたくさんありすぎて・・・。
お店の人がコーヒーまで出してくれた(^O^)。

パーツ屋さんの帰りに
たまたま通りがかったスーパーマーケットが
なかなか良くて・・・。
ブラブラしていると
ぜ〜んぶ欲しくなってきてしまう(^_^;)。

知ってる単語がずらり↓
やっぱヘルシー思考なんでしょうね。


ついでにお昼ごはんもここで簡単に済ませた。
やっぱりスパイシーツナロールを選んでしまう。


こちらは毎度ですがホールフーズ・マーケット。
いつ来てもワクワクする。
Chicago2014
Chicago2014

Chicago2014

Chicago2014

Chicago2014

ホットバーで夕飯もゲット♬


今ハマりにハマっているココナッツオイルがこんなに。
素敵!

ココナッツウォーターも♫
Chicago2014

前回の日記にも登場したトレーダージョーズでは
いつもテンションがマックスになりすぎて
写真を撮り忘れる。
日本の友へのおみやげは
ほぼトレジョでゲットする。
帰国して荷物をとくと
こんなに買っている(^^ゞ。


旅の締めは
やはり機内食。
この数年のベジタリアンミール
帰りはいつも同じメニュー。
お願いだから
オレンジをこんがり焼くのは
やめてほしい(T_T)。
アッツアツなんだな〜これが(´・ω・`)。

Chicago2014

2014年も
またミッドウエストに参加できて
アメリカに旅することができて
本当に良かった。
毎回
今年は行けるかしら?
という不安がよぎりつつも
なんとか行けている。
そして今年もまた
新しい音楽をたくさん書いて
人々に届けられたらと思っている。
だから
書き続けなければ!
と、気持ちも新たに・・
↑もう2月も末ですけど。

自分のやりたいことを
やりたいだけ精一杯やろうと思う。
自分の未来のためだもの。
そう!
人生は一度っきりヽ(`▽´)/。
| travel | 23:03 | comments(0) | - |
アメリカ旅行記2014 vol.4
さあ2月もとっくに後半!
iPhotoの写真もたまってきたので
シカゴ日記はあと2回。
食編の第1回目です。

今回宿泊したホテルには
フリーの朝食と軽い夕食が付いていた。
ラウンジに行けば
コーヒーや紅茶、ココアなどは
24時間飲み放題だし
ホントに良いホテルだ(^O^)。

毎日7時頃に起きて
まだ空いているレストランへ降りていく。
いわゆる「アメリカンブレックファスト」と呼ばれる
卵とベーコンやソーセージ系にパンやデニッシュという組み合わせで
毎日ちょっとずつ違う。
大好きなオートミールや果物もある。
ビュッフェなので
毎日朝からガッツリいただく。

6泊で6パターン(^_^;)。
毎朝決まってクランベリージュースを飲む。
旅先の必需品♪
Chicago2014
Chicago2014
Chicago2014
Chicago2014
Chicago2014
Chicago2014
外はまだ暗い↓
Chicago2014

フリーの夕食は午後5時から7時まで。
そんな時間にホテルには帰ってこないので
ほとんど食べなかった。
到着した日のみ↓
あら〜美味しそうじゃない写真・・
この日はビーフとピラフ的なもの。
ピラフの味が・・・・しない(・∀・)。
Chicago2014

そして
楽しみな一人部屋飲み。
Chicago2014
Chicago2014

徒歩圏内のお気に入りオーガニックスーパー「Trader joe's」で
ケールのサラダを毎年買ってしまう。
下はナッツやドライフルーツが入っている。
一つで食べごたえ十分♫
Chicago2014
Chicago2014

最近、日本でも見かけるようになったギリシャヨーグルト。
濃厚!
Chicago2014

ドラッグストアの冷凍庫で見つけた
ココナッツミルクのアイスクリーム。
チョコミント味。
う〜ん、普通のアイスの方が良かったな〜(^^ゞ。
これが一番小さいサイズ、500mlくらいかな・・。
ぜったい滞在中に食べきれへんし。
Chicago2014

ではまた次回。


<今日のつぶやき>
あぁも〜外で布団を叩かないでくれ。
布団は干すものであっても
叩くものではない。
叩くと
ほこりが立っているだけ。
内側の綿がヘタっていくだけで
な〜んにもいいことはないのだ。
もうこれは常識だと思っていたが
今も外でバンバン叩いている人がいる。
思わず窓を閉めた・・(T_T)。
布団は干し終わったら
そ〜っとなでて
ほこりを落としましょう。
| travel | 13:30 | comments(0) | - |
アメリカ旅行記2014 vol.3
今年のカールフィッシャーのブースでは
「作曲家とのトークタイム」がもうけられた。
楽譜を買いにくる人にとって
作曲家と直接会う機会はめったにない
ということで
私を含む6人の作曲家が
ブースに集まった。
Midwest

私もほかの作曲家と話すのは
めったにないことなので
とてもとても有意義な時間を過ごした。
Midwest

こちらは
カールフィッシャーの副社長で出版責任者のラリー。
ホントに何から何までお世話になっている。
Midwest

カールフィッシャーとの関係が始まって
最初に書いたのが「Snowflake」という弦楽オーケストラ作品。
リリースした年に
ミッドウエストで演奏されたが
今回またこの曲が選ばれて
ミズーリ州の中学生たちが演奏してくれた。
↓ゲネプロの様子
Midwest
このオケの指揮はチェリストの女性で
ディレクターになってまだ2年ほどだそう。
とても嬉しかったのは
この曲を深く理解してくれていたことだ。

私の曲は「星の船」のように
なぜかアウフタクトの曲が多い。
このスノーフレークも4拍目から始まる曲で
この最後の拍をたっぷり歌うことが大事。
それを生徒たちに何度も伝えていらっしゃって
ゲネプロを聞きながら
今日の演奏は絶対にいいはず!と
確信した。
若いプレーヤー達が
歌う心を大切にしてほしいという思いで
星の船や、このスノーフレークを書いているので
指導者がそれを伝えようとしている姿を間近に見ると
本当に嬉しくなる。

本番前に指揮者に挨拶に行くと
私が聴きに来ていることを知らなかった様子で
とても喜んでくれた。
「みんなに何か話す?」と
指揮台に上がるように言われた。
ま、そう言われたら何か話したいなと思い
自己紹介と感謝の気持ち
それと、ちょっとした励ましの言葉を向けた。
生徒たちの驚いている様子が
本当に可愛くって
彼らの顔が忘れられない。。
(口をあんぐり開けたままの子もいてね・・)

音楽を書いて
それが広まっていく道のりは
ゆっくりで長い。
出版されたからと言って
すべての人たちが見つけてくれるわけではない。
だからこそ
こうやって
たくさんの中から
私の音楽をチョイスして
演奏して聴衆に届けてくれるなんて
本当にありがたいことだ。
この瞬間があるから
音楽を書くという仕事を続けて行けるのだと
改めて感じた日だった。
すべての人たちに感謝!

<今日のオマケ>
普段は見ないテレビ。
ホテルの部屋では
何かしら流れている。
ずっと英語漬けでいるために
↓トニー・ベネット御年88歳!
レディ・ガガちゃんとのデュエットで
今年のグラミーで
最優秀トラディショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞を
獲得しましたね。




ジョージ・ガーシュウィン,ストレイホーン・ビリー,エドワード・ケネディ・エリントン,アーヴィング・バーリン,ジョニー・バーク,バートン・レイン,リチャード・ロジャース
ユニバーサル ミュージック
¥ 2,335
(2014-09-24)
【ディスク1】
  1. エニシング・ゴーズ
  2. チーク・トゥ・チーク
  3. ドント・ウェイト・トゥー・ロング
  4. 捧ぐるは愛のみ
  5. ネイチャー・ボーイ
  6. グッディ・グッディ
  7. エヴリ・タイム・ウィ・セイ・グッドバイ
  8. ファイアーフライ
  9. アイ・ウォント・ダンス
  10. ゼイ・オール・ラーフト
  11. ラッシュ・ライフ
  12. ソフィスティケイテッド・レディ
  13. レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス
  14. バット・ビューティフル
  15. スウィングしなけりゃ意味がない
  16. オン・ア・クリア・デイ (ボーナス・トラック)
  17. ビウィッチド (ボーナス・トラック)
  18. レディーズ・イン・ラヴ・ウィズ・ユー (ボーナス・トラック)
  19. ザ・レディ・イズ・ア・トランプ (ボーナス・トラック)

| travel | 14:59 | comments(0) | - |
アメリカ旅行記2014 vol.2
さっさと書かないと〜
と思いながら・・・

さっさと行きます。

毎年シカゴで開催されるミッドウエストクリニックは
どデカすぎるマコーミックプレイスという場所で開催される。
いつも会場へはホテルから公共機関を使って行く。
バスはけっこう快適。
Midwest
Midwest
Midwest
Midwest

出版社や楽器屋、大学などが世界中から集まり
展示会場にそれぞれブースを持っている。
だだっ広い空間に
それはそれはたくさんのブースがある。
私はカールフィッシャーの作曲家として参加しているので
こんなタグをもらって首にかけている。
(これ見て、ニューヨークから来たの?とよく話しかけられる)
Midwest

さっそくカールフィッシャーのブースへ。
歴史が長い大手出版社。
目印も目立っている。
Midwest

今年も弦オケの所に
私の作品も並んでいる♪
Midwest

午後は作曲家の後藤洋さんのクリニックを聴きに行く。
日本の作曲家の作品が音源とともにいくつか紹介された。
Yoさんはクスっと笑える箇所を入れながら
絶妙のしゃべりを英語でされる。羨ましい。
Midwest
Midwest

日本の作曲家の作品を出版している
広島のブレーンさんのブースに顔を出してみると
いるいる、いろんな人たちが。
みんな日本に住んでいるのに
シカゴでしか会えない。
だから一年ぶり。


今回も昨年同様
私の弦オケ作品が演奏された。
それはまた次回に・・・。

<今日のオマケ>
いつもはあまり立ち寄らない
金管楽器や打楽器のブースをウロウロ。
カラーのトロンボーンはいつ使うのだ?
Midwest
Midwest
Midwest
| travel | 23:29 | comments(0) | - |
アメリカ旅行記2014 vol.1
毎年恒例のシカゴへの旅。
今年で11回目となるミッドウエストクリニックへの参加も
刺激的なものとなった。

毎年のように
伊丹から成田経由でシカゴへ飛ぶ。
伊丹からの飛行機が
揺れに揺れる。
「飛行の安全に全く問題ありません」
というアナウンスが
何度も流れる。
酔い止めを飲んでおいて
本当に良かった。

伊丹発が少し遅れたせいか
成田での乗り継ぎで
長い列に並ばなくてすんだ。
成田発の便も30分ほど遅れた。
乗る前に再度酔い止めを飲む。
なので
お酒は飲まない。
私はいつもトマトジュース♪

そして
今年もベジタリアンライトミールを
申し込んでおいたので
誰よりも先に
機内食が運ばれて来てしまう。
食べ終わるころに
お隣さんの席にもやっと到着。
お先にすみませんねぇ。
Chicago2014
昨年まで付いてきていた
美味しいとは絶対に言いがたいゼリーが
ダノンのヨーグルトに変わっていて
メチャクチャ嬉しかった。

機内のエンタテインメントサービスが
年々充実さを増している。
観たい映画を見始めるも
酔い止めをのんでいるせいか
途中で睡魔に襲われる。
結局
ストーリーがわからないまま
終了するというパターン。
いつも本当によく寝られる。

到着前の朝ご飯。
徹底的に野菜と乳製品。
Chicago2014

シカゴオヘア空港に到着し
毎年のようにまた
何時間も長蛇の列にならばされるんだろうなぁ
と思っていたら
システム大幅改善!
↓この写真はネット上の新聞記事からお借りしました
Chicago2014
自分でパスポートをスキャンし
モニターの案内にしたがって行く。
ここで
プリントアウトされた紙に
バッテンが付いている人と
付いていない人とで
列が分かれる。
私はバッテン付き。
おそらく
パスポートに表示されている氏名と
ESTA申請時の氏名が違うからだろう。
やっぱり少し列にならび
それでもいつもよりも
とんでもなく早くイミグレを通過した。

空港からは
また毎年のように
事前に申し込んであるシャトルバスに乗り
ホテルへ直行。
毎年宿泊していたホテルは
価格が上がっていたため断念し
違う場所の同じホテルを予約した。
ここもキッチン付きの部屋で
エアコンの騒音以外は
快適だった。



Chicago2014
Chicago2014
ウォークインクローゼットがついていて
一人で感動。

ちょうど
ホテルのフリーのディナーが出る時間だったので
ラウンジに行き
少し食べて
イルミネーションが輝く
夜の街を散歩。
あいにく雨が降って来たが
日本よりも湿度が低く
頬に当たる風が
とても気持ちいい♪



さあ!明日から
クリニックが開催されている
マコーミックプレイスへ!
| travel | 17:06 | comments(0) | - |
小旅行
先日
神戸へ1泊の小旅行に出かけた。
いつものように日帰りではなく
少しゆっくりしたくて・・・
そして
友達にも会いたくて・・・
そしてそして
あちこちでグルメも楽しみたくって!

最近は
良いクラスのホテルが
ネットでかなりの格安で探せるので嬉しい。
というわけで
神戸メリケンパークオリエンタルホテルをチョイス♪

さて
着いた足で
ハーバーランドへ向かいランチ。
パンケーキ専門店"Butter"。
当然・・呑みます。
神戸
神戸神戸

日曜日ということで
どこも家族連れで混雑。
人だらけ車だらけベビーカーだらけ。
そんなわけで
観覧車へ逃げる(^_^;)。
乗ったんいつぶりか・・・
神戸
神戸

アンパンマンこどもミュージアムを
上から眺める。
神戸

お目当てだった洋服屋さんへ行ったあとは
コーヒーを飲みにトアロード界隈へ。
雑誌で気になっていた「モトマチ喫茶
このピーナッツバタートーストが食べたくて・・。
神戸

「クリーム白玉やってます」
って書かれてたら
頼むしかないじゃな〜い(^_^;)。
神戸
最近は
こういう古くからやっている喫茶店が大好き。
古いジャズが流れているのも良い(#^.^#)。

このあと
ホテルにチェックインし
ディナーへ出かけた。
久しぶりに会う友達と合流するため
旧居留地の"L'OBABON"(ロバボン)へ。
パリのビストロって
こんな感じなんだろうか・・・
神戸
神戸

ビストロの王道メニューが並ぶ。
美味しい!
神戸神戸神戸神戸
3人でワイン3本が空いた。
楽しい夜だった!!

翌朝は
10時にチェックアウトし
腹ぺこでドンク本店へ向かう。
昨夜あれだけ食べたのにねぇ・・・

そして
これまた雑誌で見ていたケーキ屋さんをめざし
北野の方へ上がっていく。
まだお腹も空いていないので
異人館の辺りをお散歩するが
坂が結構きつい。
異人館よりも
こういう古〜い家に目が行く。
宮崎アニメに出てきそう。
神戸

小腹が空く程度に歩いて
お目当てのケーキ屋さん「ラヴニュー」へ行ってみる。
食べるところがなかったので
近くの喫茶店でコーヒーを頼み
持ち込みで食べさせてもらうことに。
なんでも言ってみれば
叶うもんですな・・(^^ゞ。
神戸
濃い〜〜〜味のケーキ。
忘れられない味。

そしてまた駅の方へ降りてくると
陽射しが強くなってきて
早くもビール気分。
通りがかりにあった酒屋さんでビールを買う。
が、どこで呑む?
目を付けていたたこ焼きさんでたこ焼き一皿を頼み
持って来たビール飲んでもいい?
と聞いてみると
喜んで栓まで抜いてくれた。
ありがたや〜。
神戸
飲んだあと
瓶も回収してくれるなんて!?
にいちゃんありがとぉ。

このあと
平日しかやっていない
アンティークショップ"sori"へ行き
以前気に入って買ったお皿を買い足す。
こんなお店が近くにあったらいいのになぁ。

今回の小旅行のシメは
以前も行って美味しかった
元町商店街にある
讃岐うどんのお店「讃也」へ。
おぼろこんぶがたくさん乗っかった
あったかいうどんでほっこり。
神戸

楽しくて
美味しくて
よく歩いた旅だった。(2日で3万歩)
近場(交通費往復2000円以内!)でも
ていうか
近場だからこそ十分楽しめるのかも。
また来ようっと。
| travel | 15:15 | comments(0) | - |
シカゴ旅行記2013-vol.4
あっという間に
1月も真ん中まで来た。
いつも
年明けからの時間が
飛ぶように過ぎて行く。
そして
相変わらず
外に出ない日が続く・・・。

さて
シカゴ日記その後。
今回は
シカゴ10回目にして
初めて電車に乗ってみた。
シカゴ
街から少し離れたところにある
手芸専門店に行くために。
やっぱりここにもあったか「マイケルズ」!
シカゴ

最寄りの駅から
Googleマップを頼りに歩く。
アメリカで歩くとなると
ちょっと緊張する。
そこが安全な地域かどうか。
だから
電車を降りたら
よ〜く街や人を観察する。
大丈夫そうならそのまま進む。
そういえば
マンハッタンの学校に通っていた頃
地下鉄の違う路線に間違って乗り
学校までは徒歩圏内だからいいやと思い
ハーレムのド真ん中で降りたのだが
地上に出て
2秒で逆戻りってことがあった。
それくらい怖かった、あの頃は・・・(-_-;)

さてさて
ここは大丈夫そうだったので
マイケルズが入っているモールまで
10分ほど歩いた。
街が少し遠くに見える。
シカゴ

マイケルズでさんざん物色したあと
同じモールに
大好きなホールフーズが入っていたので
つら〜っと見て
ブッフェで食べたかったケールのサラダと
あとちょこちょことボックスに入れ
ランチタイム。
↓赤身万歳\(^^@)/
シカゴ
シカゴ
シカゴ
シカゴ

いつもたくさんのお総菜を目の前にすると
あれもこれも入れてしまうのだが
今回は割とあっさりめ(^_^;)。
シカゴ
シカゴ
向こうのスーパーは
ホントわくわくするっ!

シカゴでは
ほとんど人と食事に行かないが
ミッドウエストの会場では
たまたまその辺にいた人と
ランチすることになる。
今回のランチは
会場のカフェテリアのみだった。
あとは
トレジョで仕入れて
部屋でまったり派。

カフェテリアでの食事。
ターキーサンド・・・なんだけど
パンとターキーの比率は完全におかしい(-_-;)。
それにグレイビーがおもいっきりかかってて
下のパンは
もはやパンの原型をとどめていない。
これでもグレイビー半分って言ったのよ−。
だから
最初から最後までフォークで完食。
ターキーのこのパサパサ感って最高♪
シカゴ

炭焼きチキンサンド。
若干の焼きすぎ感。
プラスチックのナイフで切れないので
手で裂いて食べた。
これもサンドイッチとしては食さず(*_*)。
手前のくるくるポテトは好物の一つだが
これもよ〜く揚がっている(^_^;)。
シカゴ

このバナナマフィンは美味しかった。
スタバなのはコーヒーだけ。
シカゴ

トレジョで買った
完全にジャケ買いのワインと(←旨かった)
ここでもケールのサラダ。
シカゴ

これは帰国便に乗る前のひととき。
飛行機の中ではアルコールを飲まないから
乗る前に一杯やろうと思って入った
ジャパニーズレストラン。
飛行場が見えて良い感じ。
シカゴ

始めに
大好きなサミュエルアダムスの生。
けっこうな量。
それにサーモンロール。
シカゴ
シカゴ

なんか飲み足りなくて
もう一杯。
今度はミラーライトのボトルを頼んだら
ウエイターが
栓だけ開けて
ポンとテーブルに置いて行ったので
ボトルから飲むのも気がひけて
さっきのサミュエルアダムスのグラスに
ミラーライトを注ぐ(^_^;)。
シカゴ

ビールのせいで寒くなってきたので
お味噌汁を頼んでみた。
おつまみに枝豆と一緒に。
シカゴ
これが今回のシカゴの
唯一のちゃんとした食器での
食事でしたとさ。

2013年のミッドウエスト遠征(営業?)は
これにて終了。
次回はどこかに寄り道したいな。
ニューヨークとか
ロスとか・・・。

さて!
現実に戻らなよっ!
| travel | 21:57 | comments(0) | - |
CALENDER
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

*PROFILE
ゆきこ

西邑由記子 (にしむらゆきこ)
作曲家&ピアノ弾き

かっこいい曲が書きたい。
耳に残る音楽を創りたい。
だからまいにち
いろんなものに興味を示しながら
シゲキを求めて生活している。
京都在住。
メールはこちらへ↓
info@yukikonishimura.com

Mylinks_facebook




*SPONSORED LINK


*INFORMATION
カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品2016年最新作!!
Autumn Waltznew


Water Reflectionsnew


Petite Suite:"Beautiful Flowers"new



カール・フィッシャー
バンド作品2016年最新作!!
Merry Go Roundnew



***********************

C.アラン 室内楽作品
Hightide Yuletide
C.Alan

Myriads of stars
C.Alan

The sky is the limit
C.Alan


***********************
カール・フィッシャー
バンド作品
Sailing!


Ancient Flower


カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品
Primula ~Joy to the Spring~Carl Fischer

Angel's Steps
Carl Fischer

Cherry Tree
Carl Fischer

Bluebell
Bluebell

Raindrops
Raindrops

Swinging Door
Swinging Door

Ancient Flower


Blue Water
Blue Water
Winter Milky Way
Winter Milky Way

Orange Moon
orange moon

Prelude to "An Old Tale"
Old Tale

Rainy Days
Rainy Days

Snowflake
弦オケ

Sailing!
弦オケ

カール・フィッシャー
から発売中!!

***********************
小編成バンドのための最新作
Key West Pink!
ブレーンからレンタル譜発売中!!
収録CDはコチラ
ブレーン
***********************
小編成バンドのためのアレンジ作品
ガーシュイン作曲
3つのプレリュード
ブレーンからレンタル譜発売中!!
***********************
4台マリンバのための
"foot・prints" フットプリンツ
ブレーンから楽譜発売中!!
***********************
"The BackRoom"
初演音源発売中
ブレーンオンラインショップ
***********************
バンド作品
"The BackRoom" 楽譜発売中!
詳しくはミュージックエイトまで!
***********************
インタビュー記事
京都新聞2006年8月13日付
五感のチカラ

***********************

*MY WORKS
西邑作品収録アルバムを紹介!

***********************

***********************

JWECC 2007「翡翠」
JWECC 2007「翡翠」 (JUGEMレビュー »)
(オムニバス),おかやま山陽高等学校,仲田守,古庄孝行,山崎毅,楊鴻泰,福岡第一高等学校,観音寺第一高等学校
"The BackRoom"収録
***********************

21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集-
21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集- (JUGEMレビュー »)
川越奏和奏友会吹奏楽団, グラールウインドオーケストラ, 埼玉県立与野高校吹奏楽部, ヤマハ吹奏楽団浜松, 神奈川大学吹奏楽部
「星の船」収録
←楽譜
***********************

行列幻想
行列幻想 (JUGEMレビュー »)
兼田敏, 真島俊夫, 鈴木英史, 池上敏, 西邑由記子, 團伊玖磨, 時松敏康, 伊藤康英, 金洪才, 東京佼成ウィンドo.
"Bright Moon"収録
EB←楽譜
***********************

恋衣
恋衣 (JUGEMレビュー »)
チェン・ミン
「ガーネット・スター」
「現実の向こう側」収録
***********************

冬牡丹       (CCCD)
冬牡丹 (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, RIKKI, フェビアン・レザ・パネ, 三沢またろう, 堀沢真己, 中西俊博
"My Sky Green"収録
***********************

花様芳華
花様芳華 (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, 大島ミチル, フェビアン・レザ・パネ, 京田誠一
"Purple Sundown"収録
***********************

***********************

*CATEGORIES
*ARCHIVES

ブログ JUGEM Some Rights Reserved.>
↑TOP