西邑由記子 作曲家のまいにち〜Composer's Daily Life〜
「無類の・・・」シリーズ第16弾(^_^.)
いつぶりだろうと思ってさかのぼったら
何と2008年8月以来書いていなかった。
15回も書いたら好物も書き尽くしたか・・・。
、と思っていたら
最近ずっと食べているものがあったことに気づき
このたびの更新。

「プゴ」=干し鱈。
韓国料理をよく作る人なら
これはポピュラーな食材だ。
少し前にワイドショーで
「お肌に良い」と紹介されてしまったおかげで
その短い期間だけいつものネットショップで買えず
「なんでやね〜ん」と文句タラタラだったが(鱈だけに・・
最近はその熱も冷めたのか
売り切れということはない。

これを入れたお鍋やスープは
本当にいい出汁が出ている。
シナッとした状態になったものも
骨まで食べられて
メインの具材くらいに美味しい。

プゴを入れたプゴクッ(クッ=スープ)は
酔い覚ましにも良いそう。
我が家ではほぼ毎晩作るチゲ鍋に必ず入る材料で
料理する数時間前に煮干しと干し鱈を
少しの水に入れておいてゆっくり戻して使っている。

だしの味がたくさん出ていると
そのあとの調味料は少しで済む。
それに我が家では最近
温泉水を定期的に箱で買っていて
それで料理をするとだしの味が濃厚になる。
毎日の食事が美味しいので
最近めっきり外食が減ったな・・・)^o^(

| 「無類の・・」シリーズ | 00:28 | comments(0) | - |
クリアフォルダーおたく
久々の「無類の・・・」シリーズ。目がないものについて。

昔から文房具に目がない。
ロフトや東急ハンズ、銀座の伊東屋、丸善
エトランジェ・ディ・コスタリカなどなど
文具売り場に足を踏み入れてしまうとなかなか出てこれない。
私はこう見えても(?)結構筆まめなので
封筒や便箋などを選び出したらきりがない。
自分がどれくらい持っているのかもわからないくらい(^_^;)

そんな文具の中でも
ゼッタイに無視して通り過ぎることのできないものがある。
クリアフォルダー。
無地のものでも発色がきれいなら何枚でもほしい。
そのほか、イラストもの、写真のもの、キャラクターものなど
気に入ってしまうと買わずにはいられない。
クリアファイル
クリアファイル

楽譜などを人に送るときには
かならずクリアフォルダーに挟んで送る。
そのときに、この人ならこんな柄が喜ばれるだろう・・
なんて考えるのも楽しいものだ。ちょっとした幸せ♪

美術の大きな展覧会に出掛けたときも
ミュージアムショップに寄ってクリアフォルダーを探すのが楽しみ。
クリアファイル
コチラ↓は少し前に神戸のバラエティショップで見つけた
デザイナーズギルドKidsのクリアフォルダー。
可愛さがツボ♪
これに入れて喜んでくれるのは誰かな?
クリアファイル
| 「無類の・・」シリーズ | 20:04 | comments(2) | - |
無類ー!
第14弾!
これを忘れとった。
「うどん」
私は大のうどん好き。
おそば屋さんに入っても
うどんがあれば頼んでしまう。

昔から私の実家では
母が濃い口醤油でつくるスープのうどんを食べていたけれど
よそで食べる薄口醤油で出汁がすごくきいたうどんが好きだった。
スープの色が薄いのは関西のうどんの特徴だ。

今も家で蕎麦を食べることはほとんどなく
たいがいうどん。(ちなみにダンナは蕎麦派)
讃岐風だとなお良いね。
稲庭うどんも好き。のどごし最高!

うどんでお勧めのお店と言えば
やっぱ「はがくれ」でしょう。
大阪駅近くの第3ビル地下2階にあるお店で
讃岐うどんが食べられる。
コシが違う。本当に美味しい。
いつも並ばないと食べられないお店。
混んでいるので食べたらとっとと出ねばならぬ(・_・、)

店主さんの人柄がそのまま出ているような
ステキなお顔で
お店の雰囲気もとても良い感じなのだ。
行った人しかわからんね、これは。

ここはけっこう有名で
東京からのミュージシャンたちも
大阪に来ると行ってしまう、と言ってた。
並んでも食べる価値ありですよー。
| 「無類の・・」シリーズ | 01:01 | comments(2) | - |
「無類の・・」シリーズ第13弾!
まあなんて久しぶりなんでしょう。
このネタで書くのはっ!

今回は「マシュマロ」
いつもスタバに行くと
マシュマロ入りのスイーツを買ってしまう。
その中でも
「マシュマロ&ナッツチョコレート」は激ウマである。
これに似たのを作ろうと
マシュマロを入れてケーキを焼いたりしたけれど
マシュマロが溶けてしまって正体不明に・・(・_・、)
あとで乗っけて固める、ということに気づかなかった・・アホ
あと、マシュマロ&チョコクッキーも好き。
ほろ苦さと塩味がきいている。
マシュマロの所を食べるのがヒジョーに幸せ。

マシュマロとの出会いを振り返ってみると・・・
むかーしむかし、大丸の地下か明治屋で(←たぶん)
「明治屋のマシュマロ」というのを買ってもらったことを思い出す。
それもコーヒー味で小粒のがいっぱい入ったやつ。
あれを食べ出すと止まらなかった。
もうお腹がパンパンにふくらむまで食べた。
(実際少量でもふくらむけどね(^_^;))
ちなみにこれ、今でも売っている。
プラザとかで見つけると・・
一応手に取る。
それで・・・
1人じゃ食べきれないや、と言って(食べれるくせに)
・・・・棚に戻す。
でも本当は食べたいけれど
マジで私しか食べないから
1袋完食する、と思うと恐ろしいから・・自制心自制心
マシュマロをココアに浮かせて飲みたいなあ
、なんて想像できるだけ想像して楽しんではおるけど。

そう言えば、
マシュマロが瓶に入っている
ペースト状のものもある。
あれの方が、もっとネッチョリ感があって良い!

昔、アメリカに留学して
先生のお宅でのパーティに呼ばれたとき
BBQでおはしに刺したマシュマロを焼いた。
あんなうまいもの、それまでに食ったことなかった!
、というほど感動したもんだ。
うちにマシュマロがあるときは
今でもたまにやります(*^_^*)


やっぱりマシュマロ食べたい・・
ネットでポチッとしてしまいそうじゃラブ
| 「無類の・・」シリーズ | 01:21 | comments(2) | - |
生レバ
「無類の・・」シリーズ第12弾。
今回はレバー。
基本的にレバー全般好き。
鶏も豚も牛も。
子ども時代にこれが嫌いで嫌いでしょうがなかったのに
大人になって食べられた、大人になってもゼッタイ無理、
なんていう話を方々で聞くけれど
私は小さい頃から好き。
まあ自分が貧血体質なので
「食べたら血が増える」なんて言われていたから
レバーそのものがとてもえらくてすごいものだ!
と思いこんでいたところもある。
もちろんおいしさはわかっていたんだけれども。

大学時代に一人暮らしをしていた頃は
とうとうベビーフードのレバーペーストにまで手を出し
パンに塗り塗りして食べていた。
そこまであの味とにおいが好きだ。

一番の定番、生姜がいっぱい入った煮物。
よくお総菜屋さんにもあるアレをよく食べていたんだと思う。
その後、生レバーの味を知ってしまう。
生を初めて食べたのはどこだったか忘れたけれど
母が買ってくるお肉屋さんの生レバーはとても美味しかった。
毎日でも食べたいと思っていた。

ここ最近、よく食べる。
それもとってもとってもおいしいやつ。
甘くてとろけていやな臭みもなく美味。
私がお店に行くたびにメニューに入れておいてくれる
気が利くやさしいオーナーに感謝を込めて・・。
いつも貧血野郎のためにありがとうございます。
これで徹夜続きも乗り切れるような気がしますょ。
| 「無類の・・」シリーズ | 15:33 | comments(1) | - |
無類の・・・第11弾!
きのう我が家にお届け物があった。
キッチンにいい香りが漂っている。
桃ですラブ
私の好きな果物Best3のうちの一つ。
桃のほか、梨(二十世紀以外)とイチジク。
この3つがめっちゃ好き。
どれも熟れ熟れの果汁が多いものが好き。
桃はまずそのまま食べて
あとは例年通りコンポートにしようと思っている。
コンポートの汁に寒天パウダーを入れて
ゆるゆるふるふるのゼリーにして食べる。
これを食べると夏だなあと思う。
キンキンに冷やして、歯が痛くなってしまうくらいのがいいなあ。

生の桃が好きだけど
桃フレーバーのものにも目がない。
ピーチティー、ピーチキャンディとか。
それに、ピーチの香りものも。
石けんとかシャンプーとかも(^_^)。

ちなみにきらいな果物Worst3は
スイカ(アメリカのは食べれる)、メロン(これもアメリカのならOK)
そして柿。この3つを出されたらどうしても手が伸びない。
100%遠慮モード(?)・・・うぅぅ・・け、けっこうです(--;)。
| 「無類の・・」シリーズ | 01:44 | comments(3) | - |
無類の・・・第10弾!
今回は人ッ!
愛しきHugh Grant ヒュー・グラントさま。
ただ単に男性として好き、ではなく
俳優として、そして声が好き、とか
笑った顔が好き、とか
困った顔が好き、とか
よく聞き取れないブリティッシュイングリッシュが好き、とか。
とにかく彼を見ているとニヤニヤしてしまう、ほど好き。
男前なのに三枚目が似合う人。
そして「素」の彼も同じく三枚目。
アクターズスタジオで観た彼があまりにも自然で
ますます好きになってしまった。
(実はものすごいオンナったらしで有名だけどそんなことは関係ない)

只今ちょうど「Notting Hill」をBSでやっている。
もちろん録画中。
何が何でも彼がしゃべるブリティッシュイングリッシュを
完璧に理解したい。もう何回も観ているんだけど。

ノッティングヒルを初めて観たのはNYで。
彼がしゃべるはしから観客がおおげさに笑い転げるので
それをなんとしても理解したい!
と思って、何度も観る(聴く)のだけれど
ジョークってその土地のバックグラウンドがないと
理解できないから、なかなか難しい。
でもだいぶ理解できるようになった。
さて、今回はまたどれほど自然に理解できるようになったかな。

彼の英語を聞いていると、アメリカ仕込みの私も
イギリス英語を話したくなってしまう。
その場合は、声は低めに、だそう。
(声が低いとsexyなんですって)

ちなみに・・
ヒュー・グラントが出演している映画で一番好きなのは
1994年公開の"Four Weddings and a Funeral"


| 「無類の・・」シリーズ | 01:19 | comments(0) | - |
「無類の・・・」第9弾
今まで食べ物ばかりだったので
今回はそれ以外で。
私は無類の紫好きだ。色です色。
パープル狂になったのはいつからだろう。
自分の誕生石がアメジスト、ということも理由の一つかもしれない。
一口に紫と言っても、たくさんの種類がある。
その中でも、特にライラック系、ラベンダー系が好き。
たまには濃い〜紫も良いなと思うときもあるけれど、
ヤンキーっぽかったり、和風なのはダメ。

洋服、バッグ、文房具から食器にいたるまで
いろいろとパープルのものがある。
少しでも差し色で入っていたりすると
吸い寄せられるように、その商品の方に近づいて
手に取ってしまう。本能的に反応してしまうのだ。

実際に、パープル系が似合うので良かった。
きっと似合うから好きになったのかもしれない。
自作のアクセサリーにもパープルのものが
やっぱり多くなってしまう。
アクセ1アクセ2アクセ3アクセ4

極めつけはやっぱり・・・
ライラック色の部屋でしょう。
(↓ご覧になった方もいらっしゃると思いますが)
部屋
かなり落ち着きますよぉ。
創造力も高まります。ホントです(*^_^*)。
| 「無類の・・」シリーズ | 01:09 | comments(0) | - |
無類の・・・第8弾
ピンポ〜ン♪
あ、お隣のおばちゃん!
きゃー、今日も美味しそうなチヂミを持ってきていただきました。
チヂミ

久々の「無類の・・・」シリーズ。
第8弾はコリアンフード。
なんでこんなに好きなんだろう。
辛いものが大大大好きだけれど、甘い味付けのものも美味。

家でもお料理本片手によく作ります。
韓国家庭料理はホントに野菜がたくさん食べられます。
ニンニクのにおいがだめだと言う人がいるかもしれませんが
ニンニクは、切ったり、おろしたりしたあと、
空気にしばらく触れさせておけば、匂いがかなりなくなります。
食べたあとの匂いもこれで気になりません。
だから毎日食べられます。

私は、一片すりおろしたら、それを1時間以上ほったらかしにしておいて
それを数日間で使い切るようにしてます。
あんぱん
↑これは以前行った「アンパン(内房)」というお店のもの。
カフェアンデパンダンの姉妹店です。

昔、にんにくものは苦手だった私。
今じゃ、Organic Garlicという曲があるくらい好き。
音源はコチラ
| 「無類の・・」シリーズ | 00:07 | comments(0) | - |
「無類の・・・」第7弾!
ひっさびさの「無類の・・」シリーズ。
それは・・・
求肥(ぎゅうひ)もの。
まあ簡単に言うとお餅ですな。
私は基本的に普通の「お餅」というやつは好きではない。
アレルギー症状で口の中が痛くなるのと、
食べると必ず次の日に吹き出物ができるので食べない。

求肥は食感が私の好みにぴったりで、
ビロ〜ンと伸びることもなく、
透き通っていてとてもきれい。
アレルギーも出ない。←これ重要。

よく知られたところでは、
みつまめなんかに入っているピンクとか緑の
四角いお餅がポピュラーかな。
でもあれは甘すぎてちょっと拒否。
まわりの粉はいらんし。

求肥が入っていて一番好きなのは
やっぱり「鮎焼き」。もうすぐ鮎焼きの季節やね。
他にはお正月に食べる花びら餅とか。

そうそうアイスクリームの「雪見だいふく」もそう。
あれはちょっと柔らかすぎて唇にくっついてしまうのが
いただけないけど・・。でも基本的には好き。
昔はよ〜食べた〜。

この食感にちょっと近いところで
私が最近はまっているのが、
チロルチョコの「きなこもち」と
「宇治抹茶チョコレート(もち入り)」。
四角いチョコの中には「もちグミ」が入っている。
コンビニとかでレジの横なんかに置いてあると
手が勝手に商品をかごの中に入れている・・(^_^;)。

まあとにかく、
モチモチしたもんが好きなんどす〜。

| 「無類の・・」シリーズ | 15:52 | comments(1) | - |
CALENDER
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

PROFILE ゆきこ
西邑由記子 (にしむらゆきこ)
作曲家&ピアノ弾き

かっこいい曲が書きたい。
耳に残る音楽を創りたい。
だからまいにち
いろんなものに興味を示しながら
シゲキを求めて生活している。
京都在住。
メールはこちらへ↓
info@yukikonishimura.com

Visit My Website!
ユキコバナー

Mylinks_facebook




INFORMATION
カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品2016年最新作!!
Autumn Waltznew


Water Reflectionsnew


Petite Suite:"Beautiful Flowers"new



カール・フィッシャー
バンド作品2016年最新作!!
Merry Go Roundnew



***********************

C.アラン 室内楽作品
Hightide Yuletide
C.Alan

Myriads of stars
C.Alan

The sky is the limit
C.Alan


***********************
カール・フィッシャー
バンド作品
Sailing!


Ancient Flower


カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品
Primula ~Joy to the Spring~Carl Fischer

Angel's StepsCarl Fischer

Cherry TreeCarl Fischer

Bluebell
Bluebell

RaindropsRaindrops

Swinging DoorSwinging Door

Ancient Flower


Blue Water
Blue Water
Winter Milky Way
Winter Milky Way

Orange Moon
orange moon

Prelude to "An Old Tale"
Old Tale

Rainy Days
Rainy Days

Snowflake
弦オケ

Sailing!
弦オケ

カール・フィッシャー
から発売中!!

***********************
小編成バンドのための最新作
Key West Pink!
ブレーンからレンタル譜発売中!!
収録CDはコチラ
ブレーン
***********************
小編成バンドのためのアレンジ作品
ガーシュイン作曲
3つのプレリュード
ブレーンからレンタル譜発売中!!
***********************
4台マリンバのための
"foot・prints" フットプリンツ
ブレーンから楽譜発売中!!
***********************
"The BackRoom"
初演音源発売中
ブレーンオンラインショップ
***********************
バンド作品
"The BackRoom" 楽譜発売中!
詳しくはミュージックエイトまで!
***********************
インタビュー記事
京都新聞2006年8月13日付
五感のチカラ

***********************

MY WORKS
西邑作品収録アルバムを紹介!

***********************

***********************

JWECC 2007「翡翠」
JWECC 2007「翡翠」 (JUGEMレビュー »)
(オムニバス),おかやま山陽高等学校,仲田守,古庄孝行,山崎毅,楊鴻泰,福岡第一高等学校,観音寺第一高等学校
"The BackRoom"収録
***********************

21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集-
21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集- (JUGEMレビュー »)
川越奏和奏友会吹奏楽団, グラールウインドオーケストラ, 埼玉県立与野高校吹奏楽部, ヤマハ吹奏楽団浜松, 神奈川大学吹奏楽部
「星の船」収録
←楽譜
***********************

行列幻想
行列幻想 (JUGEMレビュー »)
兼田敏, 真島俊夫, 鈴木英史, 池上敏, 西邑由記子, 團伊玖磨, 時松敏康, 伊藤康英, 金洪才, 東京佼成ウィンドo.
"Bright Moon"収録
EB←楽譜
***********************

恋衣
恋衣 (JUGEMレビュー »)
チェン・ミン
「ガーネット・スター」
「現実の向こう側」収録
***********************

冬牡丹       (CCCD)
冬牡丹 (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, RIKKI, フェビアン・レザ・パネ, 三沢またろう, 堀沢真己, 中西俊博
"My Sky Green"収録
***********************

花様芳華
花様芳華 (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, 大島ミチル, フェビアン・レザ・パネ, 京田誠一
"Purple Sundown"収録
***********************

***********************

CATEGORIES
ARCHIVES

ブログ JUGEM Some Rights Reserved.>
↑TOP