西邑由記子 作曲家のまいにち〜Composer's Daily Life〜

リアレンジ作品
少し先のことになりますが
京都で葵祭が開催される5月15日に
木琴奏者、通崎睦美さんが続けているシリーズ
『今、甦る!木琴デイズ』の第9弾となるコンサートが
京都文化博物館で開催されます。

この日も2回公演で
「丘を越えて〜歌謡曲とタンゴ」と題され
いわゆる名曲・・・
ヒット曲と言った方が良いかもしれません、
そんな、誰もが知っている音楽を
木琴で聴かせてくれる催しです。

木琴のほか
ギター、クラリネット、ファゴット
ヴィオラ、コントラバスの音色とともに
いつもおなじみの作曲家たちによるアレンジで
聴くことができます。

私もいつもお世話になっている
このコンサートシリーズですが
今回はなんと
4曲のアレンジ作品でお手伝いできることになりました。
今までに木琴のために編曲したものを
今回の楽器編成のために書き直したものを
演奏してもらいます。

一度アレンジしたものを
また触る、というのは
楽器の特性上、うまく行かないことも
多々あるのですが
今回は
通崎さんが私に楽器を選ばせてくださったので
自由に書き直すことができました。
1曲ドツボにはまり
困り果てたものもありますけど・・・。
もう早々と楽譜を渡したので
あとは聴くだけ!

もちろん
私の頭の中では
完璧な音が鳴っている状態ですが
そこに
各演奏者それぞれの思い入れや
それぞれのエスプリ
演奏者独自の奏法(やり方)で
どんなふうに
もっともっと良いものになるのか
楽しみで仕方ありません。

このプログラムを見て
聴いてみたい!と思ってくださった方は
ぜひこの趣のある会場に
足をお運びいただき
聴いていただけたら嬉しいです。

チケットお問い合わせは下記まで!
特に昼の部は早い時期に満席になるようです。
お早めにお申し込みくださいませ。

通崎睦美コンサート
今、甦る!木琴デイズ vol.9
「丘を越えて〜歌謡曲とタンゴ」
日時:2018年5月15日(火) 14時開演 19時開演
場所:京都文化博物館 別館ホール
入場料:一般前売り 3500円、一般当日 4000円
お問合わせ:otonowa 075-252-8255

いつものように
谷本天志さんデザインのフライヤーが秀逸!

| music | 22:19 | comments(0) | - |
Quiet Beach for piano
最近
必要に迫られて
過去の演奏記録を編集している。

自分のピアノ作品の中で
一番好きなのが
この『Quiet Beach』

第6回青山音楽賞受賞 研修成果披露演奏会での
初演の模様↓

自分が若い・・(^_^;)

前回の自作自演ライヴから早7年・・・
またやりたい、と思いながら年月が経っている。
やりたい曲も決まってる。
あとはやるだけ、なんだけど。
| music | 00:28 | comments(0) | - |
モーツァルトのピアノソナタ全曲演奏会+α
お正月早々
日本にいらっしゃっていたピアノの師匠
サラ・ビュクナー先生にお会いした。
6月のカーネギーホール以来なので
7ヶ月ぶりの再会!
お元気そうで何より(^O^)。

日本に来られた理由は
あるピアノコンクールの審査のためと
今年催されるリサイタルシリーズの打ち合わせとのこと。
その気になるリサイタルは
アルティで9月に4日間に渡って開催される
モーツァルトのピアノソナタ全曲演奏会。
素晴らしいプログラムなので
ぜひ聴きに行きましょう❣

ALTI芸術劇場 vol.44
ピアノ・ソナタ全曲+α 先駆的なモーツァルト4公演!!
サラ・デイヴィス・ビュクナー『Mozart Innovation』
曲目はフライヤー表面参照。
2018年9月8日(土)午後3時開演
2018年9月12日(水)午後7時開演
2018年9月15日(土)午後3時開演
2018年9月22日(土)午後3時開演
チケット購入はコチラから。
ビュクナー


<今日のオマケ>
ビュクナー先生とカヨコさんと
京都高島屋内の、いわゆる「喫茶店」へ。
カレーがあると頼んでしまうやないか(^_^;)


コーヒーについてきたフレッシュ。
ちっちゃくカンパ〜イ(???)
ビュクナー

みんな元気で良かった!
| music | 01:02 | comments(0) | - |
Hello 2018
あけましておめでとうございます

今年もまた
たまにこのページを覗いてくだされば
大変嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

元日はお天気もよく
初詣にでかけた。
八坂神社は
行った時間のせいか
昨年より空いていて
すぐに本殿前まで行けた。
お賽銭は
白い硬貨、茶色い硬貨、穴の空いた硬貨を
組み合わせて投げると良いらしく
さっそく実践。
鈴をシャンシャンと鳴らしたかったのに
鳴らせないようになっていて
非常に残念。
でもこれができなかったおかげで
本殿前がごった返していなかったのかもしれない。
神社の方々も
いろいろ考えているんですね。
初詣

目一杯願い事をして
初詣を終え
そのまま高台寺へ。
1人でお墓参り。
これがなかなか良い。
墓前に手をあわせると
身が引き締まる思い。
初詣

最近、高台寺境内にできた
おしゃれコーヒー屋さん
Slow Jet Coffee』で
美味しいドリップコーヒーをいただきながら
この景色↓
京都やな〜。
初詣

願い事が
単なる「願い」にならぬよう
精進しますっ!
いや、ほんまやで。
| diary | 22:13 | comments(0) | - |
今年もありがとうございました
2017年も
気持ちのアップダウンに振り回されながら
あっという間に過ぎ去ろうとしている。

自分の将来への想いと
自分が今置かれている状況のギャップに悩んだり
うまく行かないなぁと思うことの方が多かったけれど
作品が人の耳に届いて評価されたり
作品が独り立ちしていくのを見届けたりすることで
少なからず
幸せな瞬間もある。

なぜ自分が音楽を書いているのか考える時
誰かにこういうふうに思ってもらいたいから
というようなことを
以前は気にしていたところがあったが
今は
やはり人生は一度しかない!
だからこそ
自分がやりたいことをやろう
書きたいものを書こう
行きたいところに行こう
なんでも楽しもう!と
素直に思えるようになり
誰のためでもなく自分のために
音楽を書きたいのだというところに
たどり着いた感がある。


自分の中から音楽が湧き出てくるのだからこそ
幸せな気持ちで
日々丁寧に生きることで
もっともっと高みに行けるのだと信じたい。

どんな状況でも「精神」が大事。
毎日自分に言い聞かせていることは
「自分に負けるな」ということ。
人に何を言われても
解ってもらえなくても
自分さえしっかりしていれば
きっと実を結ぶときがくる。
やったことがないことを心配したってしょうがない。
やってみないとわからない。
精神的に頼るところがないからこそ
自分で自分を鼓舞し続ける精神力が大切だなと思う。


この1年も
私のこの更新の少ないウェブログを読みに来てくださり
誠にありがとうございました。
どなたかが読んでくださっていると思うと
とても励みになります。
2018年も、日記は書き続けるつもりです。
辞めることを考えたりもしましたが
辞める理由もないな・・・と・・・。

また来年
どんなことが待ち受けているのか
想像もつきませんが
日々の想いを少しずつゆっくり綴ってまいります。
来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

LA2017
The sunset@Leoness Cellars Winery in Temecula






| diary | 22:41 | comments(0) | - |
アメリカ旅行記2017年11月 vol.3
ぐずぐずしてたら
2017年最後の日、大晦日!
11月のLA旅行記を更新してから
次の投稿で締めることにします。
今日の日記は写真多めです。
覚悟してください(^_^;)

6月に訪れた時に
行けなくて残念だった
ゲッティセンター』は
現代美術が多く観られることでも有名な美術館。

ここは環境に配慮し
車は山の下に停めて
山の上にある美術館には
トラムで向かう。
LA2017
LA2017

アドミッションはいらないが
環境や設備を維持するため
高い駐車料金を取られる。15ドル。
お金を集める理由がハッキリしている。

敷地内の建物を行き来して
たくさんのアートに触れた。
LA2017
ここはお庭がとても美しい。
画のよう。
LA2017
LA2017
山の上にあるので見晴らし最高。
LA2017
LA2017
土地柄、多肉植物やサボテン系が多い。
持って帰りたい衝動をぐっと抑える(^^ゞ
LA2017

LA2017
サボテンが全部太陽の方を向いている↑

カフェでランチ。
ターキーサンドとフルーツ。
そして見晴らしにつられてビール。
関係ないか・・
LA2017

今回の旅はたった4泊。短い!
後半の2泊は
6月の時と同じホテルにした。
事前にインターネットで予約するときに
「広めのキング」というのが出ていたので予約したら
1人では十分すぎる、このホテルに2つしかないスイートルーム。
空間がありすぎて
宿泊中、よく歩いた。部屋の中を(^_^;)。
フルキッチンとツインのベッドルーム。
細長〜いバスルーム。
そして広いリビング。
もういっそここに住みたいゎ・・・
LA2017

ホテルの朝食。
パンとシリアルと果物くらいしかないが十分。
紙皿が可愛くて
絵になる1枚。
LA2017


今回、ちょっと人に会うため
6年前に訪れたテメキュラにほど近い
マリエータという場所へ行った。
宿泊場所から2時間のドライブなので
まあまあ遠い。
海からは遠く、乾いた低い山の合間を行く。
マリエータはベッドタウンで
特に最近、家賃の高いLA近辺から
引っ越してくる人たちも多いそう。
街中から15分ほど運転すると
ワイナリーがたくさんある。
無料のチケットをいただいたので
意外にも人生初のワインテイスティング🍷
LA2017

人とのつながりを作ってくれた
大好きなご夫婦と
ガッツリアメリカンなディナー。
サラダバーは何度でもおかわり自由。
メインはやっぱりステーキ❤(ӦvӦ。)。
LA2017
LA2017
頼んだマンゴーレモネードが
顔よりデカい!
ていうか重い!!
その前に、こんなに飲めない(~_~;)
LA2017

今回の旅は本当に駆け足だったけれど
ここは絶対に外せない場所。
レドンドビーチ。
サンセットに間に合わないーー
と叫びながら車を運転し
ギリギリセーフで間に合った。
これを見ないと帰れない。
そしてまたすぐ見に舞い戻るから
と自分に言い聞かせた。
LA2017

<今日のオマケ>
飛行機に乗る前に
またパンダエキスプレス。
どんだけ好きなのぉ!
LA2017

そして
やっぱり最後は機内食。
LA2017
シーフードミール。
次もこれにしよ。
| travel | 20:45 | comments(0) | - |
アメリカ旅行記2017年11月 vol.2
LAに到着した日
たくさん時間があったので
ハリウッドからそう遠くないところまで
車で出かけてみた。
LAは完全に車社会。
夕方は通勤ラッシュでどこも渋滞。
これに耐えられないと
LAでは生きていけないらしい。
が、みんな耐えてるわけでもないらしい。
すごくフラストレーションをかかえて
日々生活しているらしい。

クリスマスのイルミネーションで彩られた
ショッピングモール。
キレイ綺麗💫
向こうは
やることがとことん徹底してていい。
中途半端感ってのがない。
やるならとことんやる。
そんなイルミネーション。
好き!
LA2017
LA2017]
LA2017
LA2017

あるデパートの
パジャマ売り場で見かけた。
これ着て寝てて
地震とかあって避難所行ったら
目立つな〜。
でも和むな〜。
LA2017

アメリカは
コーヒーとアイスクリームは
ホント美味しい。
このホリデー仕様のカップ
デザイン秀逸!!
LA2017

つづく。。。

<今日のオマケ>
クリスマスに家族で食べようと思って買って
楽しみにしていたスモークターキー。
食べる機会がお正月まで延びた。
う〜ん、残念。
さ、クリスマスは何食べようかな。
また、何か別の物頼むか・・・
ネットで(~_~;)

代々木フードマート スモークターキーレッグ(ターキードラムスティック) Mサイズ 350-400g×5本

新品価格
¥2,268から
(2017/12/14 01:18時点)


| travel | 01:19 | comments(0) | - |
アメリカ旅行記2017年11月 vol.1
今回の旅はLAのみ。
西海岸は近くていい。
そして
何よりも気候。
通年暖かいのは嬉しい。
長年LAに住んでいる人たちは
四季がないのがつまらないと言う。
季節をもっと感じられる地に
引っ越してしまう人たちもいる。
LAはかなり乾燥している。
「カラッ」を通り越しているけれど
私はあの気候、好きだ。
夜のひんやり感も良いし。

さて
いつものように
伊丹からANAで渡米。
今回は面倒なことに
羽田ー成田間を陸移動しなくてはならず
しょうがないので
スーツケースは事前に成田に送って
身軽に羽田まで行った。
羽田から空港リムジンバスで
1時間半かけて成田へ。
LA2017

搭乗前の腹ごしらえに
四国のうどん。旨い。


そして
旅と言えば機内食。
今回は初登場の
シーフードミールというのを選んでみた。
これが大正解。
美味しいじゃん!


11月15日にLAに入り
さっそくレンタカーして
今回のはじめの宿に向かった。
向こうのレンタカーは
車のサイズの希望を言えば
そのセクションに行き
好きな車を選んでよい。
だから私は
できるだけ
カリフォルニアのナンバープレートを選んで乗る。
その方がローカルっぽくなれるから
LA2017

乗りたい車を選び
いざ出発。
で、トラブル。
持っていったiPod touchのGoogleマップが
うまく作動しなくて
目的地になかなかたどり着けず
ギブアップして
途中でモールに立ち寄ったりしながら
朝9時前にLAの空港に到着したはずが
ようやく午後2時にホテル到着。
今回はあまり良いホテルではなく
我慢する部分もあった。
いや、ほとんどの部分我慢。
まあ、これも仕方ない。
経験、経験、と
自分に言い聞かせる。

今回のアワードセレモニーについては
これの前の記事で書いたので
そのほかのLAでの出来事を書く予定。
Don't miss it!
| travel | 03:33 | comments(0) | - |
ハリウッド
この約1年ほどで3度渡米した。
昨年12月のシカゴ&ロサンゼルス
今年6月のニューヨーク&ロサンゼルス
そして今月
Hollywood Music in Media Awardのセレモニーに出席するために
再度ロサンゼルスへ。
LAはこれで5回目かな。

秋のロサンゼルス。
最高気温23~25℃。
最低気温15~17℃。
日差しがけっこう強くて
なにげに日焼けして帰ってきた。

到着した翌日にセレモニー出席。
ホテルはハリウッドにほど近いところで
前の通りに出ると
遠くに小さくHOLLYWOODサインが見えた。
見えます?
LA

レイヤー(羽織り)を持っていないと
夜は風も冷たく、寒く感じる。
そんな中
会場に入るまでに外で列に並び
2時間たってようやく中に入れた。
ずっと立ちん坊&水分補給なし(T_T)。

内部に入っても
レッドカーペットへの列がすっごく長くて
とりあえず中で座るところを確保したくて
写真撮影は後回しにした。
近くで列にならんでいた
LA在住の
同じく作曲をやっている中国人の女の子と仲良くなり
一緒にセレモニーに参加した。
彼女はUSC(南カリフォルニア大学)を卒業したあと
そのままLAに住んで
ゲーム音楽やテレビの音楽をやっているそう。
やはり
住んでいないとそういう仕事にはありつけない。






私がノミネートされたのは
コンテポラリークラシカルという部門。
同じ部門にノミネートされたのは12人。
最優秀は逃したが
友人が言っていた。
「Nomination is a kind of win」と。
そうだな〜と実感する。


どこに出してもはずかしくないと
自分で思えるものを作って
それが評価されて選ばれて
音楽が独り立ちしていく。
ちゃんと聴いてくれている人たちがいるということに
心から感謝したい。

今回の催しでは
レッドカーペットではなく
ゴールドカーペットだった。
会場にはセレブたちの姿もあった。
Earth Wind & Fireから
ヴァーダイン・ホワイト氏とラルフ・ジョンソン氏の2人。
数々のヒット曲を生み出してきた
女性ソングライターのダイアン・ウォーレン氏
彼女の作品、絶対にどれかは知ってるはず!
この記事どうぞ↓
こんなにあるの?ダイアン・ウォーレンが手がけた楽曲

当日のメディアからの写真が
いくつか上がってきているので
ここにリンクを貼っておこう。
著作権の関係で写真そのものは貼れないようなので。

興味のある方はこちらからどうぞ。

PR Photos01

PR Photos02

旅の思い出は次回から。
| music | 00:44 | comments(0) | - |
あぁぁ佳境・・・
曲作りのプロセスはいくつかある。
構想を練る、というのは
これはもう1年中365日ずっと
頭の片隅にあるたくさんのかけらを
思い出しては書き出し
書き出しては捨て
の繰り返しで
日々のトレーニングと言っても良い作業だ。

タイトルを考えることも
仕事の一つ。
ネタ帳に日々溜まっていくたくさんの言葉は
日の目を見ないものの方が多いが
ピタッと来るものに巡り合えたら
速攻使う。採用。

たくさんのスケッチから
音楽にする作業は
非常に忍耐のいる作業。
「進まない」ということに
どれだけ我慢できるか。
もちろん
「サクサク進む」
ということもある時はある。
非常に稀ですが・・・。

以前から何度も言っているが
「待つ」ことが仕事のメインかなと思う。
待っていると
見えてくるものがある。
見えてくると
聞こえてくるものがある。
聞こえてくれるようになったら
こっちのもの。
それでもサクサク
というわけには行かない。
私の場合。

10月が終わってしまうーーーー
という叫びとともに
とにかくピアノに向かう。
Macに向かう。
音符を落とす。
落とすという言い方は
表現としておかしいのかもしれないが
納得のいく音におさまる
という意味では
「落とす」が一番しっくり来る。

締め切り間際にならないと
なかなか落ちないのは
仕方ないことだな。
しかし
今までの時間も無駄ではない。
その時間があったからこその
この一音。
一音入魂というと
大袈裟だが
説明のつかない音は
書いていないつもり。
昔からレッスンで
ずっと言われ続けていた。
説明のつかない音は書くな、と。

佳境に入ってくる
というのは
まさに楽しくなってきた!
ということ。
楽しみま〜す。←無理くり(^_^;)

<今日のオマケ1>
カサブランカの香りが大好き。
芳しい〜。


<今日のオマケ2>
先日の三日月と
きのうのサンセット。


| diary | 23:59 | comments(0) | - |
CALENDER
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

*PROFILE
ゆきこ

西邑由記子 (にしむらゆきこ)
作曲家&ピアノ弾き

かっこいい曲が書きたい。
耳に残る音楽を創りたい。
だからまいにち
いろんなものに興味を示しながら
シゲキを求めて生活している。
京都在住。
メールはこちらへ↓
info@yukikonishimura.com

Mylinks_facebook




*SPONSORED LINK


*INFORMATION
カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品2016年最新作!!
Autumn Waltznew


Water Reflectionsnew


Petite Suite:"Beautiful Flowers"new



カール・フィッシャー
バンド作品2016年最新作!!
Merry Go Roundnew



***********************

C.アラン 室内楽作品
Hightide Yuletide
C.Alan

Myriads of stars
C.Alan

The sky is the limit
C.Alan


***********************
カール・フィッシャー
バンド作品
Sailing!


Ancient Flower


カール・フィッシャー
弦楽オーケストラ作品
Primula ~Joy to the Spring~Carl Fischer

Angel's Steps
Carl Fischer

Cherry Tree
Carl Fischer

Bluebell
Bluebell

Raindrops
Raindrops

Swinging Door
Swinging Door

Ancient Flower


Blue Water
Blue Water
Winter Milky Way
Winter Milky Way

Orange Moon
orange moon

Prelude to "An Old Tale"
Old Tale

Rainy Days
Rainy Days

Snowflake
弦オケ

Sailing!
弦オケ

カール・フィッシャー
から発売中!!

***********************
小編成バンドのための最新作
Key West Pink!
ブレーンからレンタル譜発売中!!
収録CDはコチラ
ブレーン
***********************
小編成バンドのためのアレンジ作品
ガーシュイン作曲
3つのプレリュード
ブレーンからレンタル譜発売中!!
***********************
4台マリンバのための
"foot・prints" フットプリンツ
ブレーンから楽譜発売中!!
***********************
"The BackRoom"
初演音源発売中
ブレーンオンラインショップ
***********************
バンド作品
"The BackRoom" 楽譜発売中!
詳しくはミュージックエイトまで!
***********************
インタビュー記事
京都新聞2006年8月13日付
五感のチカラ

***********************

*MY WORKS
西邑作品収録アルバムを紹介!

***********************

***********************

JWECC 2007「翡翠」
JWECC 2007「翡翠」 (JUGEMレビュー »)
(オムニバス),おかやま山陽高等学校,仲田守,古庄孝行,山崎毅,楊鴻泰,福岡第一高等学校,観音寺第一高等学校
"The BackRoom"収録
***********************

21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集-
21世紀の吹奏楽「響宴VI」-新作邦人作品集- (JUGEMレビュー »)
川越奏和奏友会吹奏楽団, グラールウインドオーケストラ, 埼玉県立与野高校吹奏楽部, ヤマハ吹奏楽団浜松, 神奈川大学吹奏楽部
「星の船」収録
←楽譜
***********************

行列幻想
行列幻想 (JUGEMレビュー »)
兼田敏, 真島俊夫, 鈴木英史, 池上敏, 西邑由記子, 團伊玖磨, 時松敏康, 伊藤康英, 金洪才, 東京佼成ウィンドo.
"Bright Moon"収録
EB←楽譜
***********************

恋衣
恋衣 (JUGEMレビュー »)
チェン・ミン
「ガーネット・スター」
「現実の向こう側」収録
***********************

冬牡丹       (CCCD)
冬牡丹 (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, RIKKI, フェビアン・レザ・パネ, 三沢またろう, 堀沢真己, 中西俊博
"My Sky Green"収録
***********************

花様芳華
花様芳華 (JUGEMレビュー »)
ウー・ファン, 大島ミチル, フェビアン・レザ・パネ, 京田誠一
"Purple Sundown"収録
***********************

***********************

*CATEGORIES
*ARCHIVES

ブログ JUGEM Some Rights Reserved.>
↑TOP